リモートワークを中心とした人材事業「キャスター」が3.6億円を調達、法人向けマーケティングを強化

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.5.10

スクリーンショット 2019-05-10 10.52.24.png

​オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」などを運営するキャスターは5月8日、Gunosy Capitalと​SMBCベンチャーキャピタルからの第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は3億6000万円で、累計の資金調達額は約10億円となる。

同社は2014年より​オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」の提供を開始し、秘書・人事・経理・WEBサイト運用などのルーティーン作業を中心に、企業の業務支援を実施している。現在では、リモートワークを中心とした人材事業を展開​し、利用社数は累計で1000社を超える。

今回の資金調達により、さらなる採用強化に向けた投資を実施するほか、法人向けマーケティングを強化し、認知度の拡大をはかるという。今後も「リモートワーク」という新しい働き方の提案を通じて、日本が抱える労働者不足の解決を目指す。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------