インドネシアの配車サービス大手Go-Jek、オンライン旅行代理店のTiket.comと提携——アプリ内に新機能「Go-Travel」をローンチへ

by e27 e27 on 2019.5.6

Go-Jek が最新の協業を発表した。今回はインドネシアのオンライン旅行予約スタートアップ Tiket.com と協業し、Go-Travel を立ち上げるというものだ。KrAsia が報道した。Go-Jek は最近、ユーザ同士のチャットルーム機能の実装を発表したところだ。

Go-Travel を使うことで、Go-Jek のユーザは Go-Jek からホテルを予約できるようになる。しかし、この選択肢はホテルに関する予約のみで、フライトや列車のチケットに関する予約は含まない。Go-Travel の決済手段として Go-Pay を利用することはまだできない。同社は Go-Pay 対応にはしばらく時間がかかると説明している。

<関連記事>

Tiket.com は2017年、e コマースプラットフォームの Blibli を通じて GDP Venture に買収された後、旅行予約サイトのフロントランナーとして頭角を現した。Blibli と Tiket.com は共に、インドネシア財閥の Djarum Group が保有している。

Go-Travel 以外にも。最近のニュースでは Go-Jek は同社のアプリ上にショッピングモール機能「Go-Mall」を開発中と報道されている。Go-Mall には JD.id(中国の e コマース大手である JD =京東のインドネシア版)、また、おそらく Blibli も参加する見込みだ。

Go-Jek にとって、配車サービス、および、さまざまなサービスを提供するアプリ(スーパーアプリ)の分野で主力競合である Grab は Agoda や Booking.com と提携、シンガポールのユーザ向けにプラットフォーム上でホテル予約機能を提供すると発表している。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------