インフルエンサーがインスタで商品をタグ付けして直販可能にーー毎月1.3億人がアイテムタグをタップ

SHARE:

f8_002

ピックアップ:Instagram introduces new shopping, donation, and camera features

ニュースサマリ:Facebookは開催した開発者向けカンファレンス「F8」に合わせ、現在テスト中のInstagram決済機能にタグ付けツールを追加したことを公表した。これによりインフルエンサーやクリエイターから直接商品を購入できるようになる。商品は「Checkout」のβテストに参加しているブランドが対象で、タグ付けを利用できるインフルエンサーやクリエイターについても限定したグループから開始される。

話題のポイント:ちょっとややこしい話題なんですが、インスタショッピングの本格的な幕開けと考えるとインパクトあるのでご紹介しておきます。

もともと、 インスタでお買い物、という導線は去年あたりから動きがありました。インスタ上で表示されているアイテムをタグ付けしてそのまま買える「Shop Now」などがそれです。今年に入って3月には「Checkout」のβテストが始まり、従来、ポップアップでブランドのアカウントに遷移していた決済をアプリ内で済ませることが可能になっています。こちらもテスト中で、こちらにあるリストのブランドのみが対象です。

で、今日の発表はこのブランドアイテムを対象に、特定のクリエイターやインフルエンサーが自分でタグ付けをして商品を直接販売できる、というものになります。アフィリエイト言えばそうなんですが公式ブログにある通り、現在この商品タグをタップしているユーザーが1億3000万人もいるということですので、販売のチャネルとしては超優良です。

購入する導線としても、インスタの場合は気に入ったインフルエンサーをフォローしている場合が多いでしょうから、実際の結果が同社の収益に反映されるのが楽しみなところです。ちなみにテストは数週間以内に米国から開始されるそうです。