倒産したフィンテックハブ「Lattice80」の創業者、投資家への利益不払で韓国で告訴される

SHARE:

シンガポールに拠点を置く Marvelstone Group の会長で、現在は倒産しているフィンテックハブ「Lattice80」の設立者でもある Joe Cho Seunghyun(조승현)氏は母国の韓国で訴訟を受けている。The Business Times(以下、BT)の報道によると、その内容は約束した利益を投資家に支払わなかったことによるものだという。

訴えを起こしたのは韓国の投資家 Chun Yong Beom(범천용)氏。同氏は2015年に25万シンガポールドル(約2,000万円)を Marvelstone Partners に投資している。BT が確認した文書によると、Marvelstone Partners は1年につき元本の33%の利息を保証していた。投資された資金はその後追加された別のプロジェクトで使われる予定であった。契約ではイグジット時の利益も保証されていた。

Beom 氏によると、2018年3月末に支払われるはずだった、この約束された利益が実際に支払われることはなかったという。同氏は2017年から Marvelstone Partners に対して資金の返還を求めている。さらに、2018年には韓国で Seunghyun 氏に対する被害届を提出している。

しかし、訴訟は一時的に中止されており、Beom 氏によると、その原因は Seunghyun 氏が韓国の裁判所に反訴していないためとのことである。

BT は Marvelstone Group に関連して韓国とシンガポールで記録された文書を確認した。

主張は「真実ではない」と Marvelstone Group は BT に語っている。

シンガポールの永住権を持つ Seunghyun 氏は、ライセンス契約違反で Hong Leong Holdings(豊隆集団)とも法的な争いを繰り広げている。同社は、指定された銀行口座に預けておくべき収益が実際には預けられていなかったとして Seunghyun 氏と Lattice80 を訴えている。

2017年11月、Marvelstone が公共料金やインターネットサービス、その他のレンタル料金を Hong Leong に支払わず、2社の間に大きな亀裂が走ったことを e27 が報じた。この後、Seunghyun氏 はシンガポール政府観光局の「パッション・メイド・ポッシブル」キャンペーンのブランドアンバサダーを退任した

<関連記事>

【via e27】 @e27co

【原文】