無駄なコストを見える化して削減する「Leaner」公開、インキュベイトファンドから5000万円調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.5.24

Leaner.png

Leaner Technologiesは5月21日、無駄なコストを見える化・削減するクラウド型ソフトウェア「Leaner」のサービス提供を開始した。また同時にインキュベイトファンドから第三者割当増資により、約5,000万円の資金調達を完了したことも公開している。

Leanerは、間接費の無駄を見える化し、コスト削減に貢献するクラウド型のソフトウェア。既存の財務・購買データを送付することで、解析により自社・他社比較による使いすぎの間接費目を特定してくれる。

独自のKPI管理により費目別のコスト削減余地や、適切なコスト削減手法も提示してくれるほか、継続的な評価・アラートにも対応している。選考募集のトライアルは100件以上の問い合わせを獲得した。

今回の資金調達でプロダクト開発チーム・カスタマーサポートチームの強化に取り組む。間接費の取扱金額は2020年内に700億円、2021年内には2500億円を目指すとしている。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------