チャット小説アプリ「peep」のtaskeyがグローバル・ブレインなどから総額2.7億円の資金調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.5.20

スクリーンショット 0031-05-20 8.16.22.png

チャット小説アプリ「peep」を手がけるtaskeyは5月10日、グローバル・ブレイン、Global Catalyst Partners Japan、三井住友海上キャピタル、VOYAGE VENTURES、三生キャピタルの合計5社より総額2億7000万円の資金調達を実施したことを公表した。

同社が運営する「peep」はチャット感覚で閲覧できる小説アプリ。3~5分で読むことができる小説コンテンツはすべて契約している公式作家によって執筆されたオリジナル。運営する小説投稿SNS「taskey」でのノウハウを活かし編集されている。

2017年12月のリリースから、ダウンロード数は70万件を越える。、月額960円のプレミアム会員を提供しているほか、タレントを起用した「シネマ小説」の展開も予定している。今回の資金調達により新しいコンテンツ制作やプロモーションの強化、海外展開等を進める。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------