Mary Meeker氏の「インターネットトレンドレポート2019」が伝える「中国の革新的なオンラインビジネスモデル」とは?

by TechNode TechNode on 2019.6.21

中国のインターネット企業は、オンラインのビジネスモデルを変革することで成長を加速させているー ベンチャーキャピタリストの Mary Meeker 氏 は今年のインターネットトレンドレポートの中でそう述べている。

中国は世界のネット人口の21%を占めており、世界最大のオンライン大国としての地位を固めつつあるが、ネット普及率では欧米諸国に遅れをとっている。インドが追い上げつつあり、世界のネット人口の12%を占めるほどになった。 この国もネット普及率が低いことから、有望な成長市場となっている。

世界の時価総額ランキングの上位10社には、Alibaba(阿里巴巴)と Tencent(騰訊)が入っている。続いて Meituan Dianping(美団-大衆点評)、Baidu(百度)、JD.com(京東)、 NetEase(網易)、Xiaomi(小米)が上位30社以内にいる。しかし時価総額の年間増加率をみると、中国企業は他国の上位企業と比較して低かった。中国企業のトップは Alibaba で106%増加したが、Netflix の366%や Microsoft の146%には及ばない。

とはいえ、中国のオンラインビジネスモデルは進化し続けている。アメリカの大手銀行 Citibank は12日、将来に向けたデジタル戦略の構築で、アジアとりわけ Ant Financial(螞蟻金融)を注視していくとコメントした

<関連記事>

「スーパーアプリ」がオンラインの消費を統合

「インターネットトレンドレポート2019」

中国では、インターネットのビジネスモデルが消費を変革させている。生活サービスプラットフォーム Meituan(美団)にみられるように、単一の機能として始まったプラットフォームがワンストップの「スーパーアプリ」に進化している。提供されるサービスにはフードデリバリー、映画チケット、ホテルや旅行の予約、決済など30種類あり、いわばアメリカの Yelp、OpenTable、Fandango、 Booking.com、Airbnb を組み合わせたような内容だ。

Ant Financial の Alipay(支付宝)は、決済アプリからフードデリバリー、ヘルスケア、公共輸送料金、公共料金支払いなど20万以上の機能を利用できる生活サービスプラットフォームへと進化した。Alipay のスーパーアプリへの変革をもたらしたのは、中国の新興ネットセクターを事実上全てカバーしている Alibaba のエコシステムだ。

エンターテインメントの要素が成長を加速

「インターネットトレンドレポート2019」

エンターテインメント的な要素を e コマース、メッセージング、決済サービス、オンライン教育プラットフォームに取り入れる点で、中国は先頭を行っている。

eコマースプラットフォームの成長は、ゲーム的なショッピング機能や、よりインタラクティブなアプリ内ライブストリーミング機能によってももたらされている。ゲーミフィケーションがオンライン販売の促進に果たしている役割を示す代表例が Pinduoduo(拼多多)だ。ユーザは友達とシェアすることで割引を受けられ、友達はゲームをすることで割引を受けられる。バーチャルな果物の木を植えると、「収穫時期」が来れば本物の果物が送られてくる。ソーシャルなショッピングとゲーム的な割引を組み合わせることで、同社はこの2年で急速な成長を遂げた。

中国のeコマースセクターにおける主要な成長ドライバーには、ライブストリーミングもある。メガマーケットプレイスTaobaoのライブストリーミング部門である Taobao Live(淘宝直播)は昨年、ライブストリーミングから140億米ドルの総流通総額(GMV)を生み出した。同様に、Kuaishou(快手)やDouyin(抖音)などの短編動画アプリもeコマース機能を追加している。

WeChat(微信)のミニプログラムゲーム「Jump Jump(跳一跳)」は、WeChat のミニプログラムエコシステム構築に役立っており、これによりブランド企業はユーザとより良い関係を持つことができる。他方、Alipay はゲーム体験を顧客エンゲージメントの向上に活用している。Alipay Ant Forest(螞蟻森林)では、フィランソロピーをゲーム的なシステムに取り込んだ。ユーザは散歩をしたり公共交通機関を利用したりして二酸化炭素の排出を抑制するタスクを完遂すると、グリーンエネルギーポイントを貯められる。ポイントは友達から集めることも、リアルな植樹をするために寄付することもできる。

「インターネットトレンドレポート2019」

ゲームの果たす役割は、教育にも広がっている。多くの教育アプリがゲームやクラスメイトとの競争を取り入れ、生徒が数学やコーディングを学習する動機を与えている。

ネット利用の増加をもたらす短編動画

「インターネットトレンドレポート2019」

2018年、中国の携帯電話からのネット利用は前年比189%増となり、1日のネット利用時間は全体で2018年4月の3億時間から今年4月には6億時間へと倍増した。2大短編動画プラットフォームの Douyin と Kuaishou のデイリーアクティブユーザ数は共に2億5,000万人に近付いている(Douyin の方が多い)。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------