Web接客ツール開発・提供のSprocket、シリーズBで2.8億円を調達——XTech Ventures、Salesforce Ventures、キャナルベンチャーズから

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.6.4

左から:キャナルベンチャーズ 代表取締役 保科剛氏、XTechVentures 共同創業者 ジェネラルパートナー 手嶋浩己氏、Sprocket 代表取締役 深田浩嗣氏、Salesforce Ventures 日本代表 浅田慎二氏
Image credit: Sprocket

統合 Web 接客プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」を開発・提供する Sprocket は4日、シリーズ B ラウンドで2億8,000万円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、XTech Ventures、Salesforce Ventures、キャナルベンチャーズ。同社は2015年にシードラウンド(1億2,000万円を調達)、2017年1月にシリーズ A ラウンド(D4V やアコード・ベンチャーズなどから1億6,000万円を調達)を実施しており、累積での調達金額は5億6,000万円となる。

同社は、モバイルデベロッパとして知られる「ゆめみ」からスピンオフする形で2014年4月に設立(これまでにも、ゆめみからはスピカなどがスピンオフして設立されている)。EC サイトなどを中心に、ユーザのコンバージョン向上を支援するプラットフォーム Sprocket を提供している。画面の遷移状況などからユーザの心理や意図などを推測し、シナリオに沿って絶妙なタイミングで POP アップメッセージや特典などを提示、ユーザに購買ページや特定コンテンツに誘導する。

この種のサービスは Sprocket 以外にも複数存在するが、その中で Sprocket が成長を続けられているのは、サイトオーナーのカスタマーサクセスにコミットしている点ではないかと、Sprocket 代表取締役の深田浩嗣氏は語ってくれた。

ポップアップを出す仕組みには違いないが、ただそれだけではなく、サイトを訪問するユーザに、それまでと違ったコミュニケーションができる仕組みを提供している。サイトオーナーのカスタマーサクセスに踏み込んでシナリオを設計し、運用面でも Sprocket が伴走する形をとっている。(業務を効率化する)社内の RPA 的なものを作り込んでいたり、分析ツールも結構強かったりするのも強み。

Image credit: Sprocket

新規オーナーには、Sprocket に支払う料金に対して、どの程度の売上増が見込めれば良いかをオーナーに質問している。実際に Sprocket を導入してみると、業種にもよるが、その目標ラインの6〜7倍を上回る結果が出る事例は少なくないそうだ。Sprocket はこれまでに200社程度に導入しており、今後、2年の間に現在の3倍程度にまで顧客を増やす計画だ。

今回出資した Salesforce Ventures は、親会社の Salesforce.com が Commerce Cloud や Marketing Cloud といったソリューションを有しており、Sprocket とのシステム上での連携や営業連携が見込める。キャナルベンチャーズの親会社は日本ユニシスであり、こちらは同社のシステムインテレグレータの事業を通じて Sprocket への顧客流入が見込める。XTech は出資先スタートアップやエキサイトなどで、EC をはじめとする各種サイトのコンバージョン向上に Sprocket を導入する可能性が考えられる。

Sprocket の競合としては、プレイドの「KARTE」、Supership の「Flipdesk」、NTTドコモの「ec コンシェル」、Emotion Intelligence の「ZenClerk」などがある。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------