モバイルアプリで生活習慣病の治療に挑むキュア・アップ、第一生命保険・森トラストなどから22億円を調達——米国・中国への展開を強化

SHARE:
Image credit: CureApp

疾患治療用プログラム医療機器を開発するキュア・アップは5日、第一生命保険(東証:8750)、森トラスト、コシダカホールディングス(東証:2157)、インテージホールディングス(東証:4326)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、慶應イノベーション・イニシアティブ、いわぎん事業創造キャピタル、みずほキャピタルから22億円を調達したことを明らかにした。

日経ビジネスによれば、4つの事業会社から19億円を調達、残り3億円を VC 4社から調達したことになる。これら VC 4社はいずれも、キュア・アップの過去のラウンドにも参加している。キュア・アップにとっては今回ラウンドは、2015年10月に実施した約1億円の調達、2017年2月に実施した3.8億円の調達2018年2月に実施した15億円の調達に続くものだ。累積調達額は約41.7億円となる。

キュア・アップは2014年7月、共に医師である佐竹晃太氏(現 CEO)と鈴木晋氏(現 CTO)が設立した医療スタートアップだ。「アプリが病気を治療する効果を持つ」とされる治療アプリの分野の先駆け的存在だ。慶應義塾大学医学部呼吸器内科との共同開発により、2015年2月にはニコチン依存症治療用アプリ「CureApp 禁煙」をリリース済(現在、薬事申請中)。

<関連記事>

このほか、自治医科大学との共同研究により高血圧治療用アプリを(治験準備中)、東京大学医学部附属病院との共同研究により非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療用アプリ「CureApp 脂肪肝」を(臨床研究中)開発している。これらに加えて、2021年頃までに5製品の臨床試験を開始する計画だ。

同社はかねてよりアメリカ進出を計画していたが、2019年3月にはアメリカ法人 CureApp North America を設立している。今回調達した資金を使って、キュア・アップはプロダクトラインの拡充と、海外法人を通じてアメリカや中国への市場進出を強化したい考えだ。

via PR TIMES

----------[AD]----------