Go-Jekへの出資で知られる米ファンドWarburg Pincus、中国と東南アジア向けに42.5億米ドルの新ファンドを設立

by e27 e27 on 2019.7.10

Image credit: kojinaka / 123RF

世界的なプライベートエクイティ企業大手で、グロース投資に特化している Warburg Pincus は、東南アジアと中国を対象とした2つ目のファンドの設立を完了した。

42.5億米ドルのコンパニオン・ファンド「Warburg Pincus China-SEA II」では、2018年終盤にクローズされた148億米ドル規模、グロースに特化した世界的なプライベートエクイティファンド「Warburg Pincus Global Growth」と共に、この地域のポートフォリオ企業に投資していく。

Warburg Pincus China-SEA II は、2016年12月にクローズされた22億米ドル規模のコンパニオン・ファンド Warburg Pincus China に続くものだ。中国では、Warburg Pincus は Hua Ping(華平)として知られている。

Warburg Pincus China-SEA II ファンドがローンチされたのは2019年1月だった。目標とするファンド規模は35億米ドルだったが、42.5億米ドルを上回るコミットメントが得られた。

Warburg Pincus China-Southeast Asia のリミテッドパートナーには、現行ファンド Warburg Pincus の既存投資家以外に新たな投資家も加わった。多様な投資家の中には、パブリックおよびプライベートの大手年金基金のほか、政府系ファンド、保険会社、寄付、財団、ファンド・オブ・ファンズ、ファミリーオフィス、個人富裕層などが含まれる。

最新ファンドは中国および東南アジアにおいて、命題主導型のセクターに特化したアプローチでグロース投資を実施する。一定の規模と持続可能な価値を持つ企業を作るために、起業家や経営陣と提携していく。投資は、消費者およびサービス、ヘルスケア、不動産、金融サービス、テクノロジー・メディア・通信(TMT)の5セクターに特化する。

Warburg Pincus の CEO を共同で務める Charles R. Kaye 氏と Joseph P. Landy 氏は、声明の中で次のように述べた。

当社ではすでに、110億米ドルの資金を中国および東南アジアの120社以上の企業に投資しており、投資家に対して相当の収益還元を行っています。Warburg Pincus China-Southeast Asia II に対する堅調な需要は、当社の確固たる取引記録、有能な投資チーム、リミテッドパートナーが中国と東南アジアでのグロース投資に好機を見出していることの表れです。

中国および東南アジアで Warburg Pincus が現在投資している企業には、Amcare、ANE Logistics、Ant Financial、ARA、China Kidswant、D&J China、ESR Group、Go-Jek、Hygeia、Jinxin Fertility、Liepin、Mofang、NIO、Vincom Retail、Yuanfudao、ZTO Express などがある。

マネージングディレクター兼東南アジア部門トップの Jeff Perlman 氏は、次のように述べている。

近年 Warburg Pincus は、シンガポールの拠点から成長して、東南アジアにおける最大で最もアクティブな投資家になりました。特に、ベトナム、インドネシア、シンガポールに注力しています。当社にとって、東南アジアは巨大な成長市場です。ここには、過去25年にわたり当社の中国事業を成長させてきた力強い投資テーマやトレンドが数多くあります。シンガポールで成長している当社チームに加え、今回のファンドと当地域での近年の成功により、私たちは東南アジアでさらなるフランチャイズを構築することが可能になるでしょう。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------