あらゆる店舗のレジをATMに変えるシンガポールのsoCash、日本のグローリーがリードしたシリーズBラウンドで600万米ドルを調達

SHARE:
soCash
Image credit: soCash

シンガポール拠点のフィンテックスタートアップ soCash は、現金の引き出しやローン申し込みのような銀行のサービスを、銀行の顧客が小売店でモバイルを通じて利用できるようにしている。同社は22日、日本の現金自動処理テック企業グローリー(東証:6457)がリードしたシリーズ B ラウンドで600万米ドルを調達したと発表した。(グローリーのリリース

Standard Chartered 銀行の投資部門 SC Ventures と、東南アジアの VC 企業 Vertex Ventures(編注:シンガポール政府系)もこのラウンドに参加した。

soCash は今回の資金を使い、インドネシアやマレーシア、そして香港で銀行サービスへのアクセスや利便性の向上のために、同社の流通網を拡大させる。同社はこの3つの市場で必要とされる規制当局の認可をすでに取得しており、また3つの市場全てでチームの構築も進めている。

soCash の共同設立者兼 CEO の Hari Sivan 氏はこう述べている。

現金の循環を効率的なものにするためにsoCashは始まりました。発展を続ける弊社のプラットフォームは、近所の店を『バーチャル支店』へと変える唯一のネットワークになりました。

オンライン銀行やオープンバンキングの出現と共に、弊社のネットワークは柔軟性を持ち大規模に販売や流通を提供する準備が十分に整っています。

2018年半ばにローンチされた soCash アプリは、銀行の顧客が旧来の ATM から現金を引き出すのと同じように、キャッシュカードや暗証番号なしで現金を小売店から引き出せるようにすることから始まった。同社のテクノロジーは直接的に銀行の API とつながっているため、ユーザは soCash アプリを通じて現金の引き出し要求を行い、現金を受け取る付近の店を選ぶことができる。そしてアプリは要求された額を顧客の口座から差し引くのだ。

soCash の共同設立者兼 CEO の Hari Sivan 氏(最右)
Image credit: soCash

同社は最近、シンガポールにおけるパートナー銀行のリストに ICBC(中国工商銀行)を加えた。このリストにはすでに Standard Chartered、DBS、POSB が含まれている。Standard Chartered は2017年から soCash を同社のシンガポールにおけるバンキングアプリ「SC Mobile」に統合しており、支店や ATM のみに頼るのではなく小売店のネットワークを通じて現金を引き出せるようにすることで、顧客の利便性を高めようとしている。

soCash はシンガポール全土で1,400店舗以上のネットワークを持ち、マレーシアやインドネシアでも SPH Buzz や U Stars supermarket、iECON、U Mart、7-Eleven、HAO Mart といった小売りチェーンでサービスを利用できるようにすることで、ネットワークを構築していると述べている。

同社は以前にも2018年8月にシリーズ A ラウンドで Vertex Ventures から550万米ドルを調達している。またsoCash は Monetary Authority of Singapore(シンガポール金融管理局)から実証実験スキームにおける助成金である「FSTI Grant」を受けている。

<関連記事>

グローリーの長期ビジョンプロジェクトチームのリーダーである東山稔氏はこう述べている。

グローリーは現金処理および小売りの自動化におけるグローバルリーダーです。現金の長距離移動には毎年数十億ドルのコストがかかっており、そのコストの大部分が顧客の負担となっている現在の現金のサプライチェーンには変化が必要であると弊社は考えています。現金の循環のためにプラットフォーム上で小売りと銀行と消費者を結びつける soCash のアプローチは、グローリーのハードウェアと IoT ビジネスに完璧にフィットするものです。

SC Ventures のグローバル責任者 Alex Manson 氏はこう述べている。

銀行のサービスはデジタル化が進んでいますが、世界の大部分で現金は今でも取引の主な手段のままです。あらゆるデジタル戦略は、たとえ実体がある流通網がなくとも顧客がサービスを受けられるように、デジタルと現金のエコシステムを結びつける必要があります。soCash への投資により、弊社は支店のカウンターや ATM のような旧来の高コストなチャネルを持たずとも、現金の取り扱いやその未来について価値あるインサイトを得ることができ、また弊社の領域内の市場において soCash のスケールアップ計画を支援することができるのです。

【via e27】 @E27co

【原文】