グルメアプリ「SynchroLife」、食べるだけで仮想通貨が貯まるサービスを開始——食事代金の最大20%を還元、飲食店に新たな集客モデルを提案

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.7.3

SynchroLife を使って飲食店で仮想通貨を貯める様子。昨年の東急プラザ銀座内のレストランで実施された PoC で。
Image credit: Masaru Ikeda

トークンエコノミー型グルメ SNS「SynchroLife(シンクロライフ)」を運営する GINKAN は3日、仮想通貨により食事代金の最大20%をユーザに還元するサービスを開始した。このサービスは、同社が Plug and Play Japan 第1期への参加を通じて、昨年9月に実施された東急プラザ銀座内のレストラン21店舗での PoC を経て正式リリースとなるもの。同社はこの送客の仕組みで特許を出願しており、世界初としている。

2012年10月にローンチした SynchroLife は近年、飲食店のレビュー投稿に当事者の恣意的なバイアスが影響しないよう、ブロックチェーンや独自トークン「SynchroCoin」を活用したコミュニティ確立に傾倒してきた。アプリ上に掲載された口コミの数は19万件、掲載店舗数は10万店舗を超えている。2018年8月以降、レビュアーや口コミの信頼スコアに応じて SynchroCoin を付与してきたが、今月1日からは会計金額の1〜5%(店舗設定でキャンペーン時最大20%)相当の SynchroCoin が受け取れるようになった。

Image credit: GINKAN

今回の新機能実装により、飲食店から仮想通貨を還元することで集客効果が見込める。既存サービスにおける一般的な飲食店の広告出稿モデルと異なり、実際に来店した顧客の飲食代金の5%相当額を GINKAN に手数料として支払うだけで SynchroLife 上に広告掲載できる。仮想通貨を還元できる加盟店は都内を中心に7月中に50店舗が登録予定、年内に1,000店舗の参加を目指す。SynchroLife の仮想通貨である SynchroCoin は LATOKEN に上場しており、Ethereum 建てで現在約0.8円相当で取引されている

GINKAN は、2017年9月にエンジェルラウンドで3,000万円を調達、2018年8月にシードラウンドで8,000万円を調達。2018年には Plug and Play Japan のアクセラレーションプログラム第1期のデモデイでは、FinTech 部門で聴衆からの最も多くの得票を集め「EXPO Winner」に表彰されている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------