Alibaba(阿里巴巴)支援のAIスタートアップMegvii(曠視)、香港証取にIPOを申請——中国公安が最大顧客、香港問題で世界が注目する中なぜ?

by TechNode TechNode on 2019.8.29

Image credit: Megvii(曠視)

政情不安や広がる経済不安の最中、Alibaba(阿里巴巴)が支援している人工知能(AI)スタートアップ Megvii(曠視)が香港証券取引所での株式上場のため、IPO 申請を行った。

重要視すべき理由:Megvii は中国公安機関の主要サプライヤーである。同社の顔認識技術はモバイル決済から人物監視に至るまで、中国全土で広く利用されている。

  • 数ヶ月にわたる香港の抗議行動を受け、Alibaba を含む他社が投資家感情を注視している中、Megvii は上場計画を推進している。
  • 伝えられるところによると今年初め、同社は現在進行中の米中貿易摩擦を受け、上場計画を再検討していた。
  • Megvii は Ant Financial(螞蟻金融)、Foxconn (鴻海/富士康)、Xiaomi(小米) などの企業に自社技術を提供している。

詳細情報:香港証券取引所に提出した文書では調達額を開示しなかったが、Reuters と Bloomberg が引用した情報筋によると、推定5億米ドルから10億米ドルに及ぶという。

  • Megvii の上場申請は、同社の財政状況について知る材料となる。上半期の収益は前年同時期と比べ200%以上増加し、9億5,000万人民元(約140億円)近くに達した。提出書類によれば、2017年と2018年の年間収益はそれぞれ3億1,315万人民元(約46.2億円)、14億2,000万人民元(約210億円)だった。
  • とりわけ、政府機関や医療業界などに提供される AI サービスの売上は、同社全体の4分の3近くを占める。
  • その一方、2019年上半期の損失は52億人民元(約768億円)に達する。これは、研究開発に関する支出が理由の1つである。
  • 5月、中国銀行のエクイティ部門がリードする資金調達ラウンドで7億5,000万米ドルを調達し、企業価値が40億米ドル以上となった。
Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

背景:Megvii は Sensetime(商湯)、Yitu(依図)、Cloudwalk(雲従)など中国における AI ブームの最前線にいる数少ないスタートアップの1社である。しかし、いずれの企業もまだ株式公開に至っていない。

  • これらの企業は「2030年までに中国を AI のトップランナーにする」という政府が打ち出した計画の恩恵を受けている。
  • 中国では AI スタートアップの数が増えており、その多くは資本市場に目を向けている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------