宇宙産業向けロボティクススタートアップGITAI、シリーズAラウンドで410万米ドルを調達——スパイラルベンチャーズなどから

SHARE:
GITAI が開発中のロボット6号機
Image credit: Gitai

宇宙産業向けロボティクススタートアップの GITAI は21日、シリーズ A ラウンドで410万米ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドはスパイラルベンチャーズ(Spiral Ventures Japan)がリードインベスターを務め、DBJ Capital、電源開発、500 Startups Japan(現 Coral Capital)が参加した。

今回の投資家のうち、500 Startups Japan(当時)は2017年に実施したシードラウンド(125万米ドルを調達)に続いての参加。同社の創業以来の累積調達額は概算で6億円超となる。なお、シリーズ A ラウンドはクローズしておらず、年内の追加調達を検討しているとのことで、その場合の最大累計調達額は10億円規模となる模様だ。

同社では、今回の調達で得た資金を GITAI の宇宙用作業代替ロボットの開発費、2020年末に予定している国際宇宙ステーションへの実証実験機の打ち上げ費用に使うとしている。

GITAI は当初、異なる2地点にいるオペレータとロボットをつなぐテレイグジスタンスにフォーカスしていたが、2017年頃に宇宙分野への事業をシフトした。今年初めには、同社 の COO に、ヒューマノイド科学者・技術者で SCHAFT 創業者兼元 CEO の中西雄飛(なかにし・ゆうと)氏が就任したことを発表している。

via PR TIMES

----------[AD]----------