事業展開が暗礁に乗り上げていたアジアの食料品デリバリスタートアップHonestbee、事業再生請負人のOng Lay Ann氏を新CEOに任命

by e27 e27 on 2019.8.5

Honestbee の新 CEO に就任した Ong Lay Ann 氏
Image credit: Honestbee

食料品デリバリスタートアップ Honestbee に今年初頭からに発生していた危機の最新情報であるが、同社は先ごろ、Ong Lay Ann 氏を新しい CEO に任命したことを発表した。Deal Street Asia が報じた

One Lay Ann 氏は、5月に暫定 CEO に任命された Brian Koo(具本雄)氏から引き継ぐ形で、7月15日からその新しい職務に就いている。Koo 氏自身は同社の役員に残る見込み。Koo 氏は Honestbee の投資家の一つである Formation 8 のジェネラルパートナー兼創業者である。

Honestbee はまた、7月11日に CTO で共同創業者の Jonathan Low 氏が離職したことも発表した。

Honestbee は今年、フィリピン、インドネシア、マレーシアでのサービス中断に繋がった、財務上および経営上の問題に直面していた。シンガポールでも、フードデリバリサービスの中断を余儀なくされた。

新 CEO の Ong 氏は IT、コモディティ、不動産、インフラの分野で20年近くにわたりリーダーシップの経験がある。過去には、オーストラリアのプレキャストコンクリート製造会社 Perth Precast を事業再生させている。この際には、同社の資産を Precast Australia から取得し、最終的には Weststar Industrial Limited に逆買収させる形で Precast Australia をオーストラリア証券取引所に上場させた。

Ong 氏は現在、オーストラリア証取に上場する Weststar と、シンガポール証取に上場する ISDN Holdings Limited の投資取引部門 ISDN Investments の取締役でもある。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------