空とネットプロテクションズ、価格テクノロジースタートアップを網羅した「Price Tech」のカオスマップを公開

SHARE:
Image credit: Sora
クリックして拡大

ホテルの料金設定支援サービス「MagicPrice」を提供する空(そら)と、与信や決済サービス大手のネットプロテクションズは、価格テクノロジースタートアップを網羅した「Price Tech」のカオスマップを共同で製作し、29日に公開した。調査対象は、主に日本で営業しているプロバイダとみられる。

このカオスマップでは、ダイナミックプライシング(需給や競合の価格等を元に価格を動的に変動)、プレプライシング(定価がなく、購入前に価格が決定)、ポストプライシング(入/利用後に価格が決定)の3つのカテゴリに分けられ、それぞれのカテゴリで活躍するプレーヤーが紹介されている。

当該技術に特化したバーティカルはまだ黎明期と見られ、世界に目を転じても資金調達に成功しているスタートアップもアーリーが多い。消費期限に応じて食品価格にダイナミックプライシングを適用する Wasteless は昨年シリーズ A ラウンドで200万米ドルを調達、オランダのレジャー施設向け販売価格最適化スタートアップ Convious は昨年、360万ユーロ超を調達した。

かねてより同業の競合と激しく競っている東南アジアの格安ホテルプラットフォーム「RedDoorz」運営は、先ごろ宿泊在庫に応じたダイナミックプライシング「RedFox」を紹介しており、今月シリーズ C ラウンドで7,000万米ドルを調達している。