P2P送金アプリ「Toss(토스)」を運営する韓国初のユニコーンViva Republica、シリーズFラウンドでKPCBなどから6,400万米ドルを調達

by e27 e27 on 2019.8.19

Viva Republica のチーム
Image credit: Viva Republica

韓国の P2P 送金アプリ「Toss(토스)」を提供するスタートアップ Viva Republica(비바 리퍼블리카)は8日、香港を拠点とするエクイティ投資会社 Aspex Management をリードインベスターとして、6,400万米ドルを調達したと発表した。Viva Republica のバリュエーションは22億米ドル。

既存投資家の Kleiner Perkins、Altos Ventures、Goodwater Capital、GIC、Sequoia Capital China(紅杉資本)、Bessemer Venture Partners もこのラウンドに参加した。今回の調達を受けて、Viva Republica の累積調達額は約2億5,000万米ドルに達した。Viva Republica のスポークスパーソンが e27 に語ったところでは、調達した資金は、同社の継続的な拡大と成長に用いられる予定。本出資は、公開および非公開市場に投資する2018年設立のエクイティ投資会社 Aspex Management の最初の出資案件となる。

2015年に P2P 送金サービスとしてローンチした Toss は今や、送金はもとより、銀行やクレジットカード・デビットカード取引の閲覧のほか、クレジットスコアやローン・保険契約・さまざまな投資サービスの管理ができるダッシュボードを提供するなど、1つのアプリの中でさまざまな金融サービスが提供できるプラットフォームとなった。Toss のこれまでのダウンロード数は3,000万回以上で、登録ユーザは1,300万人以上。

アプリ「Toss」
Image credit: Viva Republica

Viva Republica の CEO イ・スンガン(이승건、英語名:SG Lee)氏は、次のように述べている。

Toss が、その道のりにおける次の段階に着手すべく、さらなる勢いを得たことを本当に嬉しく思う。我々のミッションは、ユーザに、可能な限り最高の金融サービス体験を提供することだ。Toss がユーザの安全と毎日の金融生活に必要な唯一無二のサービスになれるよう最善を尽くしていく。

Toss は昨年12月、12億米ドルのバリュエーションで8,000万米ドルを調達し、韓国初のテックユニコーンとなった。

Aspex Management は、Hermes Li 氏と、アジア各地に投資実績を持つ熟練した投資チームによって設立された。長期的な可能性を秘めた大型市場に携わる産業や企業、構造変革を起こしている企業に投資しているようだ。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------