VTuber「にじさんじ」運営がSBIなどから7億円調達ーー創業3年で登録者数は700万人超、中国・海外市場拡大へ

SHARE:

Screen Shot 0001-08-29 at 16.20.50.png

VTuberグループ「にじさんじ」等を運営するいちからは8月29日、SBIインベストメント、KLab、中国系投資会社の3社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は7億円で出資比率などの詳細は非公開。

いちからの創業は2017年5月。2018年2月にVTuberとしてライブをいち早く取り入れたユニット「にじさんじ」を生み出すなど、仮想現実世界を中心にエンターテインメント領域を手がける。現時点で80名のインフルエンサーを抱えており、ライバー全体でのYouTubeチャンネル登録者数は700万人を超える。

調達した資金で採用強化や、コンテンツ制作に関する設備投資を進める。また、中国企業との共同プロデュースによる中国向けVTuber事業をはじめとする海外市場の展開も強化するほか、VRを活用したバーチャル世界キャラクターとの双方向コミュニケーションサービス「ユメノグラフィア」などの新規事業も拡大させる予定。