仮想通貨取引のAML/CFT監視ソリューション開発のBasset、シードラウンドでCoral Capitalから5,000万円を資金調達

SHARE:
Image credit: Basset / Coral Capital

仮想通貨取引の AML(アンチマネーロンダリング)や CFT(テロ資金供与対策)監視ソリューションを提供する Basset は18日、シードラウンドで Coral Capital から5,000万円を調達したことを明らかにした。調達した資金は人材獲得などに充てられる。Basset の創業メンバーは主に、仮想通貨取引所 bitFlyer 出身のメンバーで構成されている。サービス提供先は主に、仮想通貨交換業者、行政機関、警察、司法当局など。

この分野には、今年2月にシリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達したアメリカの Chainalysis を筆頭に、3月に Coinbase が1,350万米ドルで買収した Neutrino.nu、今月 SBI インベストメントがリードしたシリーズ B ラウンドで2,300万米ドルを調達したイギリスの Elliptic など少なからず競合が存在する。主に、ソーシャルネットワークやダークウェブなどから情報を収集・分析する点については各社で方法は大きく変わらない。

ただ、仮想通貨のプラットフォームがその仕組みから場所に依存しにくいのと対照的に、仮想通貨への規制は各国の政府や当局の法令や方針により異なる。Basset CEO の竹井悠人氏によれば、分析の元になる情報は各市場によって言語が異なるため、それぞれの地域で各社の強みが出せるそうだ。Basset では特に、日本をはじめとしたアジアの対策・監視ソリューション開発に注力する。

左から:Basset CEO の竹井悠人氏、Coral Capital パートナー CEO の James Riney 氏
Image credit: Masaru Ikeda

世界的な規制強化の動きを受けて、AML/CFT のための政府間会合である金融活動作業部会(FATF)が、暗号資産サービスプロバイダ(VASPs)に対し AML 対策の強化を求めるガイドラインを6月21日に発表している。仮想通貨取引所に代表される VASPs にとって、仮想通貨のトランザクション監視は非常に煩雑な作業となるため、必要な機能を Basset のようなスタートアップが提供する技術でまかなうことが予想される。

<関連記事>

----------[AD]----------