世界最大級の仮想通貨取引所Binance(幣安)、仮想通貨による融資事業「Binance Lending」をローンチ

by Tech in Asia Tech in Asia on 2019.9.3

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Binance(幣安)は、仮想通貨融資事業「Binance Lending」をローンチした。このサービスにより、ユーザは仮想通貨を取引だけでなく、ポートフォリオの拡大にも利用できるようになる。

Image credit: Binance(幣安)

新サービスでは、「Binance Coin(幣安幣、BNB)」と米ドル連動のステーブルコイン「Tether(テザー、USDT)」の保有者が、資産を貸したり、金利を稼いだりすることが可能になる。当初の融資製品は最初の14日間が満期に設定され、年利換算利回りは BNB で15%、USDT で10%。

BNB と USDT 向けの融資製品は、8月28日からサブスクリプションベースで申込順に提供される。声明によれば、Binance Lending は、要望に応じてより多くの融資製品を提供すべく、今後は新規のコインやトークンも評価することになる、としている。

Image credit: Binance(幣安)

ユーザはサブスクリプションの申込段階で貸与するトークン量を決定することになるが、Binance は BNB 建て融資製品 500BNB 分 または USDT 建て融資製品 100万 USDT 分に対し、初期ハードキャップ(供給上限)を設ける方針。

Binance のウェブサイトによれば、Binance Lending は 20万 BNB 分および1,000万 USDT 分のサブスクリプションが提供される見込みだ。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------