中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」、米国でのIPOを通じ約2億米ドルの調達を計画【Bloomberg報道】

by TechNode TechNode on 2019.9.5

Blued
Image credit: Blued

中国のゲイ向け出会い系アプリ「Blued」が、約2億ドルの調達を目指しアメリカでの IPO を計画していると、この件に詳しい人物の話を引用し Bloomberg が報じた

重要視すべき理由:ユーザ4,000万人を擁する Blued は、中国の LGBT コミュニティ最大のソーシャル出会い系アプリだ。この調達により、同社は中国市場と世界市場の両方で事業の拡大が可能になる。

  • 中国の LGBT コミュニティは進展を続けているものの、依然として論争の的であり規制が厳しい。テレビドラマでの同性愛描写は禁止され、関連コンテンツは Weibo(微博)からも排除されてきた
  • 世界展開により、Blued はアメリカの同業である Grindr や Hornet と対峙をすることになるかもしれない。世界最大のゲイ向け出会い系アプリ「Grindr」は2016年、過半数株式を中国のゲームデベロッパ Beijing Kunlun Tech Co.(崑崙、深圳証取:300418)に売却した。Blued は同年、Hornet に出資をしている(出資額非開示)。
  • Blued はその主機能である出会い機能に加え、ライブストリームコンテンツや代理マッチメイキングサービスでも売上を生み出している。Sina Finance(新浪財経)によれば、ライブストリーミング事業から売上の8割を稼ぎ出している可能性があるという。

詳細情報:Blued の IPO は来年実施される公算が高く、本件に詳しい人物の話を引用して、同社の企業価値は約10億米ドルに達する可能性があると Bloomberg が報じている。

背景:Blued は2012年にローンチ、7回の調達ラウンドを通じて VC から総額1億3,000万人民元(約19.3億円)を調達した。

  • 投資家は、CDH Investments(鼎暉投資)、UG Capital(UG 資本)、Xiaomi(小米)チェアマンの Lei Jun(雷軍)が支援する Shunwei Capital(順為資本)、DCM Ventures、Vision Knight Capital(嘉御資本)、国営メディアの Beijing News(新京報)など
  • Blued は今年初め、未成年への規制を怠り、ティーンエイジャーをオンライン上で危険に晒したとして訴追を受けた
  • 競合の Grindr は先月、IPO への準備を再開した。Financial Times によれば、デイリーアクティブユーザ300万人から集められたデータを、Kunlun がアメリカ人の恐喝に使えてしまうとの懸念から、IPO への準備は2018年9月に中断されていた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------