GAテクノロジーズ、PropTech特化VCのデジタルベースキャピタルに出資

SHARE:
左から:GA technologies 創業者 兼 代表取締役社⻑ CEO の樋口龍氏、
Digital Base Capital 代表の桜井駿氏

不動産テックブランド「RENOSY(リノシー)」などを運営する GA technologies(東証:3491)は17日、PropTech 特化VCのデジタルベースキャピタルに出資したことを明らかにした。7月にローンチしたデジタルベースキャピタルのファンドは10億円規模を目指すとしており、LP としてはこれまでに、イタンジ創業者の伊藤嘉盛氏や平和不動産(東証:8803)らの名前が明らかになっている。今回の出資参加で、デジタルベースキャピタルにとって、現時点では GA technologies が最大額出資の LP となる。

GA technologies の出資額やファンドへの出資比率は明らかになっていない。なお、GA technologies は、同じくデジタルベースキャピタルの LP である伊藤嘉盛氏が創業したイタンジを昨年10月に買収している。

GA technologies は不動産情報ポータルの運営をはじめ、不動産の検索、仲介、管理を一貫して依頼できるサービスを提供している。一般的に、不動産に関わるこれらのサービスは異なる事業者に依頼することが一般的だが、GA technologies はこれらをワンストップで提供することで、顧客にとっての煩わしさを解消し LTV 向上を目指している。不動産売買への顧客流入チャネルとして、賃貸特化の不動産テックを展開するイタンジを買収したほか、リノベーション会社も複数買収している。

THE BRIDGE の取材に対し、GA technologies の創業者で代表取締役社⻑ CEO の樋口龍氏は、今回の出資について、日本の PropTech スタートアップ界を盛り上げていくこと、また、買収先となり得るスタートアップを見つける手段としても活用していきたいと語った。また、PropTech スタートアップとしてのエグジット経験(昨年、東証マザーズに上場)を後進に役立てるべく、樋口氏はデジタルベースキャピタルのメンタリングやハンズオン支援にも協力するという。

先の記事でも書いた通り、こと PropTech 周辺においては、海外でも日本でも同じような課題があり、比較的同じ土俵で戦えることになる。デジタルベースキャピタルは、PropTech スタートアップの世界進出も積極的に支援したい考えで、リクルート出身でシリコンバレーの PropTech スタートアップ Movoto の副社長である市川紘氏らも、アドバイザーとしてデジタルベースキャピタル投資先スタートアップの〝壁打ち〟に積極的に関与しているという。

<関連記事>

デジタルベースキャピタルは、20日に都内で「PropTech Startup Conference 2019」を開催する予定。GA technologies の樋口氏や Movoto の市川氏も登壇する予定で、PropTech の今後がどう占われるかが注目される。

----------[AD]----------