次世代型の自動車ローンを提供するGlobal Mobility Serviceが17億円を調達、デンソーがリード

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.9.10

Screen Shot 0001-09-10 at 10.07.59.png

自動車ローンを提供する「Global Mobility Service」は9月2日、 シリーズDラウンドでデンソーをリード投資家とした第三者割当増資の完了を発表した。引受先になったのはデンソーの他、クレディセゾン、大垣共立銀行、日本ケアサプライ、三井住友トラスト・インベストメントで調達した資金は約17億円。出資比率や時価総額などの詳細は非公開。

同社は、金融機関や車両販売店、契約者をつなぎ、従来ローンの与信審査に通過しない人でもローンが組める仕組みを提供している。具体的には提携自動車販売店で車を選び、通常通りのローン申請後、IoTデバイス付の車両が手元に届きローンの支払いを開始する。万が一支払いが滞った場合は搭載しているIoTデバイスにより、エンジンの遠隔起動制御をする仕組みになっている。

今回の調達した資金は、新たな事業領域への取り組みや国内外におけるの事業展開の加速、独自のIoT技術を活用したモビリティサービスプラットフォームの開発加速のために使われる。また、出資各社との資本業務提携内容については、今後個別での発表を計画している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------