WEB接客「OK SKY」運営の空色がWiLなどから6.5億円を調達

SHARE:

Screen Shot 0001-09-04 at 9.32.19.png

WEB接客ソリューション「OK SKY」やAIチャットBOTソリューション「WhatYa」を提供する空色は8月22日、WiL、NTTドコモ・ベンチャーズ、S5、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。

調達した資金は6億5000万円で払込日や出資比率などの詳細は非公開。同社の累積資金調達額は10億円となる。調達した資金で人材採用および事業投資を強化し、2020年度末を目処に累計の導入企業数を500社にまで拡大させる。

同社はWEB接客ソリューション「OK SKY」やAIチャットBOTソリューション「WhatYa」の開発・運営を中心に、チャットセンターの運営受託、コミュニケーションコマースに関するコンサルティングを提供する企業。

店舗で販売経験を積んだスタッフによるチャットセンターを国内で提供し、オンライン上で商品やサービスの提案をすることで、店舗と同様の販売体験を実現している。さらに蓄積した会話ログデータを活用し、AI(人工知能)サービス開発も進めている。

サービスを導入したサイトでの累計接客人数は50万人を超え、提供開始から5年連続で200%以上の売上成長を継続しているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------