インドネシアの美容品マーケットプレイス「Sociolla」、シリーズDラウンドでEV GrowthとTemasekから4,000万米ドルを調達

by Tech in Asia Tech in Asia on 2019.9.11

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


美容製品マーケットプレイス Sociolla の親会社で、インドネシアを本拠とする Social Bella は、East Ventures の EV Growth とシンガポールの政府系ファンド Temasek がリードするシリーズ D ラウンドで4,000万米ドルを調達した。

世界的なファンドの EDBI、アメリカを本拠とする Pavilion Capital、シンガポールの Jungle Ventures が新たな投資家に加わった。

Photo credit: Sociolla

2014年に設立された Social Bella には、コマース(Sociolla)、メディア(Soco と Beauty Journal)、ブランド開発の事業部門がある。

同社では、今回獲得した資金を新規採用のほかコミュニティプラットフォーム(Social Connect、別名 Soco)のさらなる開発に用いる予定だ。その計画は昨年、やはり EV Growth がリードしたラウンドで1,200万米ドルを調達した時に発表された。

同社では、現在2,020万人いるユニークユーザベースの増加を見込む。Social Bella の共同設立者兼社長の Christopher Madiam 氏は次のように述べている。

今回の資金調達を受け、2021年までに Soco、Sociolla.com、Beauty Journal という統合エコシステムを訪れる(ユニーク)ユーザが1億以上に達すると見込んでいます。

ユーザは Soco を用いて、記事、動画、製品レビューで美容製品の使用体験をシェアできる。また、インフルエンサーが提供したコンテンツのフォローや購読もできる。

Soco では、消費者のプロフィールや取引から得られた関連情報を保存するデータベースも運営している。これは、より良い体験を提供するために企業が活用できるものだ。

共同設立者兼 CEO の John Rasjid 氏は3月、Social Bella の2019年第1四半期の総流通販売量が前年同期比7倍増になったと発表した。通年では少なくとも4倍増にすることを目指している。成長をもたらした要因について、同氏は Soco を活用したコンテンツの販促を含む最新戦略の成果だとしている。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------