累計5000名利用の食材産直「ukka(ウッカ)」がリニューアル、収穫ができるプランも登場

SHARE:

生産品のオーナーになって購入予約ができる「OWNERS」を運営するukkaは9月13日、サービスのリニューアルを公表した。これまでオーナー制度として提供していた事前予約の購入方法などを拡張する。また、これに伴いサービス名を社名と同じukka(ウッカ)に変更した。

購入方法については、欲しい商品をいつでも購入できる「都度購入」と、生産者への「事前予約注文」、気に入った食材が定期的に届く「定期購入」、そして収穫など特別な体験も含めた「年間会員・オーナー制度(Farm Membership)」の4種類から選べる。同じ生産者から継続的に購入するユーザーについては特別価格での利用が可能になるなど、生産者とより深くつながる仕組みも提供する。

<参考記事>

生産者のオーナーになれる「OWNERS」、運営のukkaがW ventures、メルカリ小泉氏らから1.2億円の資金調達ーー単発購入やサブスクの展開も

2015年12月から開始したプラットフォームの累計利用者は5000名、食材を提供する生産者は100名となった。同社では今回のリニューアルを機会に、2020年内にユーザー数を現在の5倍の2万5000人に拡大させる。また生産者についても3倍の300名にまで広げる予定。

----------[AD]----------