ANRIが200億円ファンド公表、1社最大20億円支援で「起業家の夢と挑戦に参加したい」

SHARE:
ANRI-3302
チームANRI(写真提供:ANRI)

ニュースサマリ:新興企業への投資を手がける独立系ベンチャーキャピタル「ANRI」は10月21日、新たな4号ファンド「ANRI4号投資事業有限責任組合員」の設立を公表した。国内大手機関投資家中心に110億円の一次募集を完了しており、最終的に200億円規模の組成を予定する。

一次募集に参加した出資者は、みずほ銀行、第一生命、ミクシィ、グリー、アサヒグループホールディングス、その他企業年金・金融法人等を含む国内大手機関投資家。4号ファンドの機関投資家比率は7割を超える。

投資対象のステージはアイデアレベルの創業期からグロースステージまで幅広く、1件あたり最大で20億円までの出資が可能。また、出資者である機関投資家との連携でそれ以降の出資も支援する。投資領域はインターネット領域を中心に、3号ファンドから開始したDeepTech領域にも注力する。また、企業からのカーブアウトについても取り組みを開始している。

ANRIがこれまでに運用したファンドは累計で100億円。シード中心の1号ファンド(2012年)に始まり、クラウドワークスやラクスル、UUUMといった成長株の創業期を支えた。3号ファンドからは鮫島昌弘氏がジェネラル・パートナー(GP)として参加し、今年6月には元伊藤忠テクノロジーベンチャーズで投資活動を手がけた河野純一郎氏もGPとして参画している。累計投資件数は100社規模。

anri.jpeg
パートナーの佐俣アンリ氏

話題のポイント:渋谷のGood Morning Buildingを拠点にスタートアップ支援を手がけるANRIが新設ファンドを公表しました。取材で気がついたポイントは次の三つ。

  • 1社あたり20億円のフォローオン支援
  • 機関投資家からの注目
  • ステージが変わった起業家と投資家

ANRIの投資スタイルについては2年前の3号ファンドでお聞きしました。今回の4号でも創業期に起業家と近い距離感で投資をするスタイルは変わらず、フォローできる幅が広がった、という印象です。

<参考記事>

何より起業家にとって嬉しいのは1社あたりの最大投資額が20億円と大きくなったことではないでしょうか。同様のスタートアップ支援をしている独立系VCの1社あたり最大投資額が大きいのは、グロービス・キャピタル・パートナーズ1社あたり50億円出資ですが、それに次ぐ規模感です。

特に創業期に参加してくれた投資サイドというのは、単なる資金提供者というよりも伴走者的な側面が強くなります。創業期のドタバタを多数経験している佐俣アンリさんはじめ、DeepTech領域の鮫島さん、シリーズA以降の経験豊富な河野さんも参加してますから、幅広いパターンの起業家のお悩みに対応してくれるわけです。取材対応いただいた佐俣さん、河野さん、鮫島さんはそれぞれ「起業家の挑戦に参加したい、夢に追いつきたい」と今回の決定についてコメントされていました。

<参考記事>

一方で大変なPMF前後を抜けてさあ成長ステージへ、といったタイミングでファンドの方が追いつかなくなると、こうやって二人三脚でやってきた片方がやや取り残されることになります。今回のフォローオン拡大というのは、創業期から成長期まで、パートナーとして走りきることをファンドとしても表現したことになるのではないでしょうか。

機関投資家からの注目も高まっています。メリットは安定的な資金循環のエコシステムが作りやすくなる、という点です。事業会社の供給する資金はやはりどうしても景気や業績などに左右されることがありますが、金融機関などはそれそのものがビジネスなので資金供給元としての機能は安定します。市況や規制などに影響されやすく、不安定な成長曲線を描くスタートアップにとって不確実要素が減ることは歓迎すべきポイントです。

さて、今回の取材で河野さんから「起業家のステージは確実に変わりつつある。同時にVCも変化が求められている」という主旨のコメントがありました。特にスタートアップの創業期支援はここ数年で激変し、特に企業売却やIPOを経験した起業家がエンジェルとなって創業期を支援する例が多くなっています。資金だけでなくノウハウも注入することからスタートダッシュの質が明らかに数年前と異なるパターンです。

当然ながら力のある起業家はこのルートを探し出します。ANRI含め、力のある独立系VCはこういったネットワークを持っていますから、可能性の高いところに勝者が集まるという傾向がより強まるのです。ある意味、スタートアップが目指すべきネットワーク効果に近いものがあるのです。逆に言えば、自身をアップデートできない古い体質のファンドはこれからポジショニングが難しくなるかもしれません。

----------[AD]----------