欧州のフードデリバリネットワークDeliveroo、2018年は売上が前年比72%増も熾烈な競争で2億8,400万米ドルの赤字

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2019.10.9

Image credit: Massimo Parisi / 123RF

Deliveroo の2018年の収入と損失は急速に増大し、フードデリバリサービス人気の高まりと、このディスラプションを起こしているビジネスの経済的な脆弱性の両面を示すものとなった。

ロンドンを拠点とする Deliveroo は2日、2018年の売上が2017年の3億4,000万米ドルから72%上昇して5億8,400万米ドルとなったことを発表した。しかし赤字も上昇し、2億4,400万米ドルから2億8,400万米ドルとなった。

Deliveroo にとって良いニュースは、損失の幅が71%から48%に下降したことだ。悪いニュースは、この損失はまだ目が眩むほど大きく、激しさを増す競争の中で、そして、莫大な資金力を持つ競合が合併している中で生じたものだということである。

現時点では Deliveroo は楽観的な態度を保っている。

CEO の Will Shu 氏は声明でこう述べた。

Deliveroo はますます力強い企業へと成長しており、素晴らしい食事を玄関先まで届けてほしいと思う人々が増えるにつれて、市場を横断して拡大しています。弊社は最も信頼のおけるフードカンパニーになるという使命に注力し、これを実現すべく、拡大、技術、新製品に多大な投資を続けています。

フードデリバリサービスは顧客に利便性を提供し、また地元のレストランと新たな市場を結びつけることで、近年爆発的に増加している。しかし、これは長期的に持続可能なビジネスなのかどうか、その大部分は不明瞭なままだ。

このことがもたらすリスクは大きく、これらのサービスに数十億米ドルをつぎ込んでいる投資家だけではなく、この広範囲に及ぶ変化に適応し生き残ることができると思っているフードサービス業界にも及ぶ。もしこれらのデリバリ企業が経済性を見つけ出す前に倒れれば、多くのレストランが見捨てられることになるだろう。

アメリカを拠点とする Grubhub は数年にわたって利益を上げることができているが、その利幅は2017年の14%から2018年は8%に下落した。しかし巨額の投資と強気な価格設定のおかげで、Uber EatsGrubhub の収入を超えることができたUber Eats はおそらく赤字だと思われるが、Uber の財務には出ていないため確実なことは言えない。

一方で、オランダを拠点とする Takeaway.com は昨年ドイツの Delivery Hero を10億米ドルで買収し、そして今夏にはロンドン拠点の Just Eat と57億米ドル相当の取引で合併し、精力的に競争に乗り込んでいる。その基本原理はコスト削減であり、来年の黒字化を目標としている。

この競争をかわすため、Deliveroo は5月に Amazon がリードするラウンドで5億7,500万米ドルを調達し、6年間の調達総額は15億米ドルもの驚くべき額になった。この後、Amazon は同社をたびたび買収しようとしたことが報じられている。それでも、今年 Deliveroo はドイツで熾烈な競争に直面し、撤退している。

今のところ Deliveroo は、昨年の成長は自前の配達ドライバーを持つレストランがプラットフォームに参加できるようにしたマーケットプレイスを加えたことに後押しされたものだとしている。同社はこれから、現在営業を行っている13の市場で存在感を拡大させたいと考えている。2019年、同社はイギリスだけで50都市を加えており、無料の保険を提供し、配達人員を獲得しようとしている。

テクノロジーへの投資も倍増させており、またレストランが材料の価格交渉をできるようにする新たな B2B サービスをローンチしている。

黒字化への明確な道筋が見えない同社に対する投資家の寛容さが(少なくとも現時点で)減っているため、同社が独立した企業でいられるかどうかを決定するのは、これらの戦略がいかに早く Deliveroo の損失を減少させるのかということなのかもしれない。

<関連記事>

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------