“壊れる前の”予防医療を目指すパーソナルドクターWellness、インキュベイトファンドなどから資金調達

SHARE:

スクリーンショット 0001-10-23 10.56.57.png

パーソナルドクターサービス「Wellness」を提供するウェルネスは10月23日、インキュベイトファンドと複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3500万円で出資比率などの詳細は非公開。個人投資家で名称を公開しているのはエンターモーション創業者の佐竹義智氏、中島聡氏、PKSHA Technologyで監査役を務める藤岡大祐氏の3名。同社は資金調達と共にサービスのβ提供開始も伝えている。

Wellnessはビジネスパーソンを中心に、効率的な予防ケアを提供するパーソナルドクターサービス。ユーザーの健康理解度や課題をふまえて専用のカリキュラムを作成し、週一回の対面やオンラインのレクチャーを通じて健康管理を実施してくれる。無料の体験カウンセリングも実施する。

プランはレクチャーの回数や期間によって3つ用意されており、例えば1カ月のベーシックコースでは16万8000円から受講が可能。人間ドックの活用方法やどのような検査を受けるべきか、またその検査結果の読み解きなどを知ることができる。また、肥満などの生活習慣課題については、食事のタイミングや内容などもアドバイスしてくれる。

<参考記事>

ウェルネス代表取締役の中田航太郎氏は救急医でもあり、医師として働く中で予防医学の重要性を感じ事業を創業した。特に忙しいビジネスパーソンは取り返しのつかない状態で病院にくることも多く、壊れてからの医療ではなく、壊れる前に予防する医療へのパラダイムシフトを目指している。

皆保険の制度がない海外では予防医学が発達しており、ヘルスケアリテラシが高いほど保険料が安くなる「Health IQ」や月額制の予防ケア「Forward」などが先行している。なお、Wellnessではカリキュラム修了者が加入できるメンバーシップも計画されており、専用のアプリを通じて人間ドックの予約やデータ確認、ケアチームへのアクセスなどの継続利用もできるようになる。

----------[AD]----------