韓国のモビリティスタートアップCode42(코드42)、プレシリーズAで2,500万米ドルを調達——起亜自動車、SK、LG、CJら韓国大手企業から

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


韓国のモビリティスタートアップ Code42(코드42)は、起亜自動車がリードしたプレシリーズ A ラウンドで2,500万米ドルを調達した。起亜はこのうち、半分の1,250万米ドルを出資している。ニュースリリースによれば、SK Group、LG、CJ Group などの韓国企業もこのラウンドに参加した。

Photo credit: Code42

今月設立された Code42 は、自動運転による Transportation as a Service(TaaS)スタートアップだ。Naver の前 CTO で、Naver Lab CEO だった Channg-Hyeon Song 氏が設立した。ショッピング、高速配送、交通などに使える都市モビリティ運用システム(UMOS)を開発している。このシステムは、モビリティや物流サービスを提供すべく、自動運転車、ドローン、自動配送ロボットと連携を目指している。

Code42 は今回の投資を使って、同社の UMOS プラットフォームの開発を完成させ、グローバルな自動運転 TaaS エコシステム「UMOS Conenct」を設立する。新たな資金にを受けたことで、Code42 はプラットフォームのために、出資者のインフラやサービス能力を活用できると代表の Song 氏は話している。

我々は自動運転、マッピング技術、配車、車両管理、次世代車内インフォエンターテイメントなどの分野で、出資企業と緊密に協業することになるだろう。(Chang-hyun Song=송창현氏)

投資調印式で。左から:SK Telecom 上級副社長 兼 ビジネス開発グループ責任者 YoungSang Ryu(류영상)氏、起亜自動車 社長兼 CEO Hanwoo Park(박한우 / 朴旱雨)氏、Code42 CEO Chang-hyun Song(송창현)氏、LG 電子社長兼 CTO Il-pyeong Park(박일평 / 朴日平)氏、CJ Corporation CSO KyungMook Lim(임경묵 / 林敬默)氏
Photo credit: Code42

今回の調達ラウンドに先立ち、Code42 は3月、現代自動車からシードラウンドで170万米ドルを調達している。時をおなj区して、現代自動車と起亜自動車は配車サービスユニコーンの Ola Electric に3億米ドルを出資し戦略的提携関係を結んだ。しかしながら、公正取引委員会に相当するインド競争委員会は最近、市場の独占状態を招きかねないとして、現代と起亜による投資計画を停止させた

現代と起亜は Ola に加え、Grab にも2億5,000万米ドルを出資している。これは、東南アジアでの電気自動車普及を狙った戦略的提携関係の一部だ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------