中高生向けプログラミング教育「ライフイズテック」が15億円調達

SHARE:
Screen Shot 2019-11-22 at 1.19.46 PM.png
Image Credit: ライフイズテック

中高生向けプログラミング教育事業を手がける「ライフイズテック」は11月15日、新生企業投資・一般財団法人社会変革推進財団(インパクト投資ファンド)、第一生命保険、丸井グループ、山口キャピタル、加賀電子、小学館、アカツキなどを引受先とした第三者割当増資により、総額約15億円の資金調達を実施したと発表した。今回の資金調達を含め、累計での資金調達総額は約25億円となる。

社会的課題を解決する事業を投資対象としたインパクト投資ファンドがリードとなった。インパクト投資とは、社会や環境にポジティブな変化を生み出す事業を対象とし、社会的成果と経済的リターンの両立を目指す投資を指す。

同社は、2011年よりこれまでのべ4万人以上の中高生へIT・プログラミングを学ぶ機会を提供してきた。今回調達した資金を活用し社会的インパクトの創出に取り組んでいくという。具体的には、中高生に届けるためのキャンプやスクール事業の拡充や、企業や地方自治体と連携した社会課題解決に取り組む学習プログラムの企画運営、中学・高校における教職員を対象とした教材提供やトレーニング・北米やアジア、アフリカにおける指導人材の育成やプログラミング学習教材の提供をしていく。

また、今回の調達から参加するインパクト投資家や外部専門家と連携しながら事業の社会的成果を可視化するインパクト評価を実施し、社会的インパクトと事業の持続性を担保する経済的リターンの両立を追求していくという。

via PR TIMES

----------[AD]----------