スマートニュースが総額100億円のシリーズEラウンド資金調達を完了、米国事業の加速へ

SHARE:
Screen Shot 2019-11-22 at 12.25.50 PM.png
Image Credit: SmartNews

スマートニュースは11月19日、日本郵政キャピタル及びACA Investments Pte Ltd.をリード投資家として、グロービス・キャピタル・パートナーズ、電通、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムなどを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。ラウンドはシリーズEで、調達した資金は100億円。関連して同社は8月5日に31億円の調達を公表しており、これまでの累計調達額は191億円となる。

アメリカ市場での事業拡大を目指すことを目的に、グローバル開発体制を構築するために投資する予定。また、久夛良木健氏を社外取締役として招聘し、Facebook News Feedのインフラ責任者を務めたYoulin Li氏がVice President of Engineering, Backend System and Foundationとして5月から参画することが決まっている。

同社が運営するニュースアプリ「SmartNews」は、月間アクティブユーザーは日米合算で2,000万人、ダウンロード数は日米合算で5,000万を突破。米国事業は、ユーザー数が前年比5倍以上となっているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------