資産管理プラットフォームのMILIZE、日本郵政キャピタルなどから3.3億円を調達

SHARE:
Screen Shot 2019-12-03 at 11.00.16 PM
Image Credit: MILIZE

資産管理プラットフォームを展開する「MILIZE」は12月2日、日本郵政キャピタル、ディップ、K&Pパートナーズの3社を引受先とする第三者割当増資を公表した。調達した資金は総額3億3000万円で、出資比率や払込日などの詳細は開示していない。

同社は金融分野において、データ、金融工学、AIを融合させたサービスを提供している。具体的には、保険証券を撮るだけで簡単にデータ化するアプリ「miruho」や、ライフプラン二ング、資産負債管理の統合クラウドプラットフォーム「milize」を提供する。今回調達した資金はサービス開発投資や人員増強に投資される予定。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録