ネイティブスピーカーQ&A「HiNative」のMAUが1,000万人突破

SHARE:
1000万MAU-b.jpg
HiNativeのMAU成長グラフ(提供:Lang-8)

ネイティブスピーカーQ&Aの「HiNative」を運営するLang-8は12月19日、MAU(月間アクティブユーザー)の数が1,000万人を突破したことを公表した。2019年11月12日から12月12日の31日間のウェブサービスへのアクセス数の合計で、アプリは含まない。

HiNativeはネイティブスピーカーがお互いの言語や文化を教え合うQ&Aアプリ。世界232カ国で利用され、113の言語でやりとりされている。2014年11月公開で、現在の登録アカウントユーザー数は500万人。Googleのベストアプリ賞も受賞している。

2.png
HiNativeのユーザー分布図(提供:Lang-8)

同社によると、全世界で引き続き拡大しているグローバル化の影響で、言語や文化を学びたいという人たちが増加しているのが背景にあるという。特に英語のみではなく、それぞれの母国語でも参加できることがユーザー心理に影響した。また、ユーザーの獲得にYouTubeを中心に活躍するインフルエンサーを登用することで、マーケティング活動に成功したことも要因のひとつとしている。

MAUはこれまで2017年に346万人、昨年は483万人と成長しており、今年はその倍となる1000万人を獲得。同社は今後、質問や回答数を増やすなどしてさらなるユーザー獲得を目指し、2020年の3000万人の利用を見込む。

----------[AD]----------