クラウド電子薬歴「Musubi」のカケハシがPHCと資本提携、調剤医事システム「Pharnes」との連携強化

SHARE:

Screen Shot 2019-12-25 at 2.58.10 AM

クラウド電子薬歴「Musubi」を提供するカケハシは12月18日、PHCを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。なお、調達額に関しては公表さていない。

Musubiは2017年8月公開の電子薬歴・服薬指導システム。薬剤師は、患者と一緒にMusubiのタッチ機能付き端末画面を見ながら服薬指導を行い、その内容が自動で薬歴のドラフトとして残る。Musubiを利用することで、患者とのコミュニケーションと薬歴記入を同時に行うことができ、今まで服薬指導とは別に毎日数時間かかっていた薬歴記入に関わる薬剤師の業務負担を大幅に削減することが可能となる。

さらに、Musubiが患者さんの健康状態や生活習慣にあわせた服薬指導や健康アドバイスを提示し、新しい薬局体験を提供する。

2019年10月9日に発表したとPHCのセールスパートナーシップに加えて、KAHEHASHIが提供するクラウド電子薬歴「Musubi」とPHCが提供する調剤医事システム「Pharnes」の連携を強める。また、本調達は2019年10月31日に発表したシリーズBラウンドの一環であり、資金は人材に投資する予定だという。

via PR TIMES

----------[AD]----------