企業や個人の想いを届ける新しいPRの選択肢:#スタートアップPR ベスト事例(3)ピースオブケイク(note)【リレー】

SHARE:

image2

年末企画としてスタートしたスタートアップのPR事例を称揚する「スタートアップPRベスト」。前回のグッドパッチ経営企画室、高野葉子さんからご推薦いただいたのはnoteが好調なピースオブケイクさんです。高野さんはどの活動に心を動かされたのでしょうか?

<参考記事>

高野葉子さんの推薦理由:スタートアップPRに求められる、戦略性、ビジネスへの貢献、共感性。ピースオブケイクさんはいずれも満たしている数少ない事例だと考え、今回推薦させていただきました。

ピースオブケイクさんの”だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。”をミッションを体現するプロダクト「note」を取り巻く2019年のPRは、自社やサービスを誇張することもなく、等身大の姿を適切な温度感で伝え、ステークホルダーとの関係づくりをされていました。

<参考プレスリリース>

「左ききのエレン」のドラマ化決定、UUUMさんやテレビ東京ホールディングスさんとの資本業務提携、土屋鞄製造所さんや幻冬舎さんなどと連携した数々のアワード。「note pro」開始後は、キリンビールさんや文藝春秋さん、三井住友銀行さんなど、領域を超えた企業がブランディング、リクルーティング、販促、ユーザーコミュニケーションなど、様々な目的で利用する企業が500社超にまで増加したそうです。

そうしたPublic Relationsの本質を突いた施策の数々は、心地よい体験を通した関係性の構築だけでなく、企業や個人の想いを届ける新しいPRの選択肢として大きく寄与していたように思います。

また、これ以外にもたくさん丁寧な情報発信をたっぷりされていて、読んでいるだけで楽しいプレスルームも大きな特徴です。

ーーーーー

ということで、社内に目を向けた情報発信で強い組織を表現したピースオブケイクさんがスタートアップPRのベスト事例、3件目となりました。次はこのピースオブケイクさんでPRを担当されている森本愛さんからご推薦をいただいた、プレイドさんにバトンをお渡しいたします。