メディアのビジネス支援を手掛けるキメラ、凸版印刷と資本業務提携

SHARE:
Screenshot 2019-12-11 at 7.39.56 AM
メディアのサブスクツール「Piano」はキメラが日本国内総代理店

パブリッシャー向けにビジネス支援・プロダクト提供を行う「キメラ」は2019年11月に、凸版印刷と資本業務提携を締結したことを公表している。

本提携により、凸版印刷が持つ出版・新聞・教育業界などにおけるデジタルコンテンツの開発・提供実績やマーケティングのノウハウと、キメラの持つメディアビジネスにおける知見を集約し、パブリッシャーのデジタル化とサブスクリプションモデル構築を共同で推進する。

凸版印刷はこれまで、出版社・新聞社のデジタルトランスフォーメーションや電子出版プラットフォームの提供など、デジタルコンテンツの拡大に向けて取り組んできた。キメラは2019年1月以来、パブリッシャー16社・39媒体に向けてデジタルメディアの事業評価・グロース支援や、事業価値向上に寄与する国外ベンダーのプロダクトを提供している。

本提携による具体的な事業展開は3つ。1つ目は、キメラの提供するデジタルメディア向け記事コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat」やサブスクリプション管理ツール「Piano」を共同で営業・販売を行う。

次にイベントや物販、パーソナライズ出版など、凸版印刷が有する生活者とのリアルな接点を創出するソリューションを組み合わせることで、デジタルからリアルまで一貫したマーケティング支援を実現する。最後はパブッリシャー向けのサブスクリプションモデル構築に向けて新規サービスの提供を目指す。

キメラと凸版印刷は2020年度内に50媒体の新規サービス導入を目指すほか、サブスクリプションモデルの導入を容易にする新規サービスについては、2020年秋の提供開始を目指す。また、人材交流等についても検討しているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------