モバイル市場は2020年に1,000億ドル規模へ【App Annieレポート詳細】

SHARE:
app-annie-mobile
App Annie’s 2020 mobile report.
Image Credit: App Annie

モバイル市場データ分析のApp Annieによると、モバイル市場は2019年の860億ドルから、2020年には1,000億ドルの収益を上げると予想されている。

App Annieは市場レポート「State of Mobile 2020」の一部から数字を発表。この年次レポートでは、業界や世界経済全体にわたるモバイルの広範な影響についてのインサイトを提供し、競争力を増しているパブリッシャーやブランド紹介している。

レポートによると、ゲーム部門はアプリストア支出全体の72%を占めている。モバイルゲームの支出は、2019年の他の全てのゲームよりも25%増加。モバイルゲームの支出は、PCおよびMacゲームの支出の2.4倍、2019年の家庭用ゲーム機の支出の2.9倍であった。

App Annieによると、世界のダウンロード総数は2019年に2,040億(3年前から45%増加、2018年から6%増加)であり、世界中のアプリストアユーザーの合計支出は2019年に1,200億ドルに達した。 同社は2023年までに、モバイル産業が世界総生産に4.8兆ドル相当を追加するとも推計している。

また、App Annieは「Good Job Games」がリリースする「Fun Race 3D」のようなタイトルに代表される、カジュアルなアーケードゲームがゲームのダウンロード全体の47%であることも明らかにしている。ハードコアゲームは、全てのゲームダウンロードのわずか18%であったが、トップゲームに費やす時間の55%を占めるという。

その他の主要な調査結果

app-annie-mobile-2
Above: Mobile games surpassed all other gaming in terms of spending in 2016.
Image Credit: App Annie

App Annieによると、UberやAlibabaなどのモバイル企業のIPO評価額は合計で5,440億ドルであり、非モバイル企業の6.5倍に上る。

ユーザーはモバイルに対して2019年には平均3時間40分を費やし(2017年から35%増加)、2,040億のアプリをダウンロードした。

ブランドは引き続きモバイル市場のリーチ力と価値を受け入れ、Snap、Facebook、Google、Twitter、TikTokの成功を後押ししている。広告主は、2020年に2400億ドル以上をモバイル広告費に注ぎ込む予想だ(2019年から26%増加)。

サブスクリプション支出は95%を占めた。非ゲームアプリ部門の上位4つのうち、3つはサブスクリプションで収益化し、Tinder、Tencent Video、iQIYI、およびYouTubeの利用増加に伴い、アプリストアの支出を促進するビデオおよびデートカテゴリーに人気が集まっている。

モバイルゲームの世界支出は、2019年に全てのゲームソフトウェアの56%に達した。アプリストアにおける全モバイルゲーム支出は、2020年には1,000億ドルを超えると予測されている。

Tencent’の「Honor of Kings」、Sonyの「Fate / Grand Order」、Activision Blizzardの「Candy Crush Saga」はモバイルゲーム市場を牽引する好例である。

NetflixのiPhoneユーザーのほぼ25%は、2019年第4四半期にDisney +を利用した。これは米国トップビデオストリーミングアプリの中でユーザーの重複が最も多く、ユーザーが複数のサービスにお金を払うことを示している。

ジェネレーションZ世代は事業成長にとってますます戦略的なセグメントになりつつある。モバイルはZ世代にとって必須なものになっている。最も人気のあるアプリでは、他の高年齢世代と比較して、ユーザーあたりのセッションが60%も多くなっている。

App AnnieのCEO、Theodore Krantz氏は声明の中で、モバイルは世界中のブランドやパブリッシャーのデジタル変革を促進していると述べた。

「State of Mobile 2020レポート」ではマクロモバイル動向を調査している。ゲーム、フィンテック、小売、ソーシャル、ビデオ市場におけるモバイルブランドのトップブランドとパブリッシャーを紹介している。また、企業が必要とする主要な統計データも紹介する。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】