FiNC Technologiesが50億円を調達、南野充則氏が代表取締役CEOに就任

SHARE:
Screen Shot 2020-01-06 at 10.31.39 PM.png
Image Credit: FiNC

ダイエットアプリ「FiNC」を開発するヘルステックベンチャーのFiNC Technologiesは1月6日、第三者割当増資の実施を発表した。調達した資金は50億円で引受先は非公開。同社のこれまでの累計資金調達額は150億円に到達している。また、この増資の公表と合わせ、3代表制だった経営体制の変更も伝えている。新たに南野充則氏が代表取締役CEOに就任し、創業者の溝口勇児氏は非常勤の取締役となる。

FiNCはパーソナルAIトレーナーを通じて、各ユーザーに最適化された美容・健康メニューを提案する。アプリのダウンロード数は800万を突破しており、月額960円から医師やトレーナー、栄養士にマンツーマンで相談できるサービス「FiNC プレミアム」やECサイト「FiNC Mall」などの多角化展開を実施している。

今回の資金調達を通じて、各種サービスに活用しているAIの開発や新規事業の拡大、さらにマーケティングの強化を進める。直近では、AIや深層学習を活用し、食事の画像を識別してカロリー・三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)を計算をする機能「食事画像解析」を大幅にアップデートした。

via PR TIMES

 

----------[AD]----------