ポケモン爆益、Nianticのウォーキングイベント収益は2.49億ドル(約270億円)に

SHARE:
pokemon-go
Niantic is taking its Pokemon Go events to Taiwan in the first half of 2020.
Image Credit: Niantic

※本記事は提携するVentureBeat「Niantic drove $249 million in tourism revenue with its walking events in 2019」の抄訳になります。

Nianticは1月22日、2020年のウォーキングゲーム(PokémonGo、Harry Potter:Wizards Unite and Ingress)のイベント会場のラインナップの詳細を明らかにした。また、同社はイベント開催都市で2019年、2億4900万ドル以上のイベント収益を生み出したと発表した。

サンフランシスコを拠点とする同社は2020年にリバプール、フィラデルフィア、セントルイスをイベントリストに追加すると伝えている。2019年、同社は32か国で77のライブイベントを開催。 60か国の270万人を超える人々がこれらのイベントに参加し、650万キロメートル以上を歩いたという。

Nianticによるイベント開催都市への影響は、シカゴで1億2,000万ドル、モントリオールで7,100万ドル、ドイツのドルトムントで5,400万ドルであると推定している。これは同社のゲームがユニークであることを意味する。大規模なライブイベントを通じて、世界中から数十万人のプレイヤーが集まり、ゲームをプレイし、世界を探索し、経験を共有している。

NianticのライブイベントのシニアマネージャーであるMichael Steranka氏は声明で、ライブイベントは過去7年間でゲーム中心のものとなり、探求、発見、健康的なライフスタイル、ソーシャルミーティングを促進するインタラクティブな体験につながるとした。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------