英語学習アプリ「POLYGLOTS」開発・運営、シリーズBラウンドで1億円を資金調達——機能やサービスプランを追加・拡充、アジア圏にも進出へ

SHARE:
ポリグロッツのチーム
Image credit: Polyglots

英語学習アプリの「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」を開発するポリグロッツは15日、シリーズ B ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、人材育成コンサルティングファームのセルム、ディップ(東証:2379)、ベンチャーキャピタルの PE&HR。ポリグロッツにとっては、シードラウンド(1回目2回目)、シリーズ A ラウンド(1回目2回目)に続くもので、累積調達額は2億4,000万円となる。

ポリグロッツは2014年に「POLYGLOTS」、2015年7月に「MONDO」をそれぞれローンチ。POLYGLOTS は、BBC、The Japan Times、Techcrunch、Asahi Shimbun、JIJI PRESS NEWS など英文ニュースメディアとの提携により、時事ネタを使った言語学習ができるのが特長。現在130万人のユーザを擁している。

今回の資金調達により、同社ではビジネスライティング機能の追加、家族やグループで語学学習が可能なプランの構築、学習者目線に立った UI/UX の改善、総合英語学習アプリとして認知度向上を加速するとしている。また、一部をアジア圏への進出の費用に充当し、IPOを視野に入れた人材獲得や組織強化も実施するとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------