新型コロナウイルスの流行で、中国では無人技術や遠隔技術の社会適用が加速

SHARE:
JD(京東)の無人配送車
Image credit: JD(京東)

AI とロボティクスの話になると、楽観主義者が現れ、そして懐疑論者も現れる。AI と自動運転の分野を担当する筆者は、人々に無人ソリューションを採用するよう説得するのに手を焼いてきた。彼らは、「まだだいぶ先のこと」と言い、「とにかく自律型ドローンのユースケースは何ですか?」と尋ねてくる。

新型コロナウイルスの発生が国際的な危機になった今、中国のテクノロジー産業は、人と人との間のやりとりを回避するための解決策を見つけることに独創的になりつつある。これまで「役に立たなかった:あるいは「まだだいぶ先のこと」だったテクノロジーは突然、ユースケースを見つけることとなった。

無人飛行機

先月末、警察官がドローンを携帯したスピーカーを使用して歩行者にマスクを着用するよう警告する動画が、中国のソーシャルメディアで広まった。憂鬱な流行の毎日の中で、警官+方言+無人飛行機の組み合わせは、国民に喜ばしい安心をもたらした。

ドローンがパトロールと健康的な行動の促進に使用されているだけでなく、消費者向けドローンメーカーの DJI(大疆)は、医療機器の寄付、ドローンを使った消毒作業への資金提供、ドローンを使った消毒手順の確立のため、コロナウイルスとの戦いに1,000万人民元(約1億5,700万円)を割り当てた。 DJI の競合であり、中国の大手農業ドローンテクノロジー企業 XAG(極飛)は、へき地の消毒作業にドローンを使用できるよう5,000万元(約7億8,300万円)を割り当てた。

農業用ドローンは2013年以降、肥料や農薬を散布するために広く使用されている。これらの定評のあるドローンは、中国の大流行をを封じ込める努力を支援するために医療ミッションにシームレスに移行した。

無人搬送ロボット

2人の感染症疫学者が創業したスタートアップ Xenex の無人搬送ロボット。紫外線で殺菌する機能を備えている。
Image credit: Xenex

広東人民病院と杭州第一人民病院は、隔離された患者に薬と食べ物を届けるために無人搬送ロボットを配備した。これらは、看護師と患者との間のやりとりを最小限にする。

このロボットは1回あたり4人分の食事を同時に届けることができ、エレベーターを使い、障害物を避け、充電器に戻る方法を備えている。

これらの無人搬送ロボットはまだ試験段階にあるが、無人システムで解決できる医療分野の問題点を明らかにした。

リモートワーク

筆者はデジタルノマドであり、リモートワークの擁護者だ。

1ヶ月前、良好な四半期業績にもかかわらず、Zoom の株価は下落した。しかし、新型コロナウイルスによって引き起こされたリモートワークの突然の急増は、Zoom の株価を復活させた。北京の企業が延長された中国の旧正月からリモートワークで営業再開となって以来、Zoom の株価は上昇している。2月3日、Zoom は8ヶ月間で最高となる15%以上上げ87.66ドルの終値で引けた。

ここ2週間にわたり武漢に建設された病院で、Huawei(華為)は China Telecom(中華電信)と協力し、光ケーブルをサポートしたリモート映像診断センターを提供した。将来的には、リモート診断センターは 5G をサポートすると Huawei は述べている。

コロナウイルスの流行によってもたらされた特別な状況により、数週間前には必要と思われなかった方法で人々がテクノロジーを使うようになった。テクノロジーは病との闘いにおいて役割を果たし続けている。これらのすべてのテクノロジーが成功するわけではないが、実世界の試練を受けているわけで、その中には、おそらく実証済の適用例と共に使われるようになるものもあるだろう。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------