Tencent(騰訊)、新型ウイルス対応で「WeChat(微信)」上の小規模EC販売事業者を経済支援——入院1日あたり最大1.6万円相当を支給

SHARE:
Image credit: Tencent(騰訊)

Tencent(騰訊)のモバイル決済プラットフォーム「WeChat Pay(微信支付)」とオンライン保険プラットフォーム「WeSure(微保)」は、新型コロナウイルス治療のために入院している小規模事業者に経済支援を提供している。

重要視すべき理由:コロナウイルスの流行は、中国で560人以上の命を奪い、数千人に感染した。交通規制により商品の輸送がますます困難になっているため、中小のセラーは国内で最も大きな打撃を受けている。一方、消費者はヒトとの接触に警戒し家の中に留まっている。

詳細情報:TechNode 中国語版(動点科技)の報道によれば、事業者は WeChat Pay を通じて経済支援を申請できる。支援対象者は、最大30日間にわたり、1日あたり1,000人民元(約15,700円)を受け取ることができ、返済する必要はない。

  • 事業者は、WeChat Pay の事業者インセンティブプログラム「決済をギフトで受け取る(収款有礼)」から1ポイント以上を獲得すれば、経済支援の対象となる。
  • 保険支払の対象となるのは、新型コロナウイルスに感染していると診断され、政府指定の一級か二級公立病院または特定の治療センターに入院したセラー。最大30日間、1日あたり1,000人民元の支払を受けることができる。
  • この経済支援計画は2月29日まで有効。
Image credit: Tencent(騰訊)

背景:「WeChat(微信)」は昨年7月、同プラットフォームが中国の5,000万以上の事業者や企業を結び付け、毎日10億件の取引を処理したと述べている。WeChat Pay の小規模事業者の大部分は、レストラン、果物屋や八百屋、金物屋、食料品店。

  • Gifts Upon Payment は、WeChat が2019年1月に開始した事業者エンゲージメントプログラム。中小規模の事業者は、受け付けた QR コード取引毎にポイントを獲得でき、1ポイントは1人民元(約15.7円)に相当する。セラーは、獲得したポイントを特典と交換できる。
  • 中国のテック企業は、コロナウイルスの流行を受け、中小企業を支援するために前進している。Ant Financial(螞蟻金融)が支援するオンライン商業レンダー「Mybank(網商銀行)」は、コロナウイルス流行の震源地である湖北省の中小企業オーナー180万人に対し、ビジネスローンの金利を10%引き下げた。 Tencent、Bytedance(字節跳動)、Alibaba(阿里巴巴)は、小規模企業向けにオンラインビジネス会議やコラボレーション機能を無料で提供している

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------