次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発のAPB、約80億円を調達

SHARE:

apb.png

次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」の開発を行うAPBは3月4日、JFEケミカル、JXTGイノベーションパートナーズ、大林組、慶應イノベーション・イニシアティブ、帝人、長瀬産業、横河電機の計7社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額約80億円。出資の詳細は開示していない。獲得した資金で量産技術の確立や製造販売の開始、開発する全樹脂電池の量産工場設立を目指す。

同社が開発する全樹脂電池は独自の製造プロセスにより、従来のリチウムイオン電池よりも工程を短縮する。また、製造コスト・リードタイムの削減だけでなく、これまでにない高い異常時信頼性とエネルギー密度を実現している点が特徴。

部品点数が少なくて済むバイポーラ積層型であり樹脂で構成しているため、セルの大型化が可能で形状自由度が高いメリットもあるとしている。

via PR TIMES