お店予約や車手配、めんどくさいを解決する「メンド」事前登録開始、くらマや著名エンジェルたちからの出資も

SHARE:
mend_003.png
メンドウェブサイト

ニュースサマリ:Somewhereは3月2日、第三者割当増資の実施を公表している。引受先になったのは千葉道場、FGN ABBALab、みんなのマーケットの3社と個人投資家7名。今回の調達ラウンドはシードで獲得した資金は7500万円。払込日は昨年12月で、同社はその前の2019年3月にもエンジェルラウンドとして個人投資家11名から3500万円を集めている。

累計調達額は1億1000万円で、エンジェルラウンドに参加した個人投資家は佐藤裕介氏、河合真吾氏、古川健介氏、西川順氏、有川鴻哉氏、赤坂優氏、河合聡一郎氏、尾上玲円奈氏、有富丈之氏、山岡佑氏ら。シードラウンドに参加したのは宮田昇始氏、西野伸一郎氏、末永匡氏、伊藤久史氏、松宮大輝氏らとなっている。

また、今回の増資公表と合わせ、オンラインパートナー「メンド」の事前登録を開始すると公表した。メンドは日常の困りごとをLINE経由でサポートする月額のアシスタントサービス。飲食店の予約や調べ物などの軽作業をLINEで依頼することができる。月額2万4800円から利用可能で、依頼する作業内容のレベルによってプランが別れる。

話題のポイント:めんどくさいアレコレを「やっといて〜」とLINEで頼めるサービスがやってきました。情報開示も含めてお伝えしておくと、創業者で代表取締役の甚田翔也さんは以前、BRIDGEでもリサーチのインターンをしてくれていた優秀な方です。関係者だけにわかる「じんちゃんこれお願い!」が、そのままサービスになった感じです。2018年2月の創業から今までテスト運用を続けて、ようやく次のステップに進むことになったそうです。おめでとう。

さておき、気になるのはどういうことを依頼できるか、ですね。国内の類似サービスとしてはオンラインアシスタントの「CASTER BIZ」あたりがありますが、あちらよりはもうちょっとカジュアルかつ軽微な印象です。

mend_002
メンドウェブサイト

依頼で多いのは飲食店の提案や予約、交通機関の手配といった調整モノで、ゴリゴリとリサーチしてエクセルにまとめて、みたいな「作業」をイメージするとズレるかもしれません。こういったものも一部プレミアムプランで対応しているということですが、どちらかというと、そういうことをやってくれる人を調査して(例えばクラウドソーシングなどで)、提案してくれる、という方が正しい使い方のようです。

私も社内にこういったタスクを手伝ってくれるメンバーがいますが、流石にプライベートな食事などの予約は依頼できません。じゃあ自分でやるかというと手一杯になって結局当日、みたいなケースはあるあるなので、そういうシチュエーションが多い方は利用価値高そうです。ちなみに甚田さん曰く、利用者はGoogle検索する回数やタクシーアプリを開く回数が減る、プレゼントなどの代理購入を任せられるので予算管理がシンプルになった、などの効果があるとのこと。

もう一点、気になるのがエコノミクスです。所謂「人」が介在するサービスなので、何かを効率化するか、一人で対応する人数をふやさなければ利益が出ません。この点については当然考えを持っていて、例えばオペレーション周りの自動化を進めて、定型の作業についてはソフトウェアに委ねるなど、メンド自体がプログラム化していくロードマップを考えているそうです。ただ、その上で人力でもエコノミクス自体は成立するように計算しているとのことでした。

----------[AD]----------