クラウド受付のRECEPTIONIST、オプトVとSalesforceVから資金調達、導入企業は2500社に

SHARE:

Screen Shot 2020-03-15 at 10.22.15 PM

クラウド受付システム「RECEPTIONIST」は3月13日、オプトベンチャーズ、Salesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達額に関しては公表されていない。

調達した資金で採用を強化し、マーケティング・営業活動と既存顧客のサポートを強化する。また、同社は3月1日付で旧社名のディライテッドからRECEPTIONISTに社名変更も実施している。

RECEPTIONISTは、受付業務と日程調整を半自動化し、各社員の生産性を高めるクラウド受付システム。ビジネスチャットやスマホアプリで担当者を直接呼び出すことで、スムーズな来客対応を可能にする。2017年1月に公開して約3年で導入企業2500社を突破した。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録