フィールドセールス支援CRMのUPWARD、DBJキャピタルリードのラウンドで5.5億円を調達——営業訪問自動記録アプリ「AGENT」をβローンチへ

SHARE:
Image credit: Upward

フィールドセールス支援モバイル CRM「UPWARD」を開発・提供する UPWARD は13日、DBJ キャピタルがリードしたラウンドで5.5億円を調達したと発表した。このラウンドには、三菱 UFJ キャピタル、DNX Ventures、日本ベンチャーキャピタルが参加した。DNX Ventures(当時は、Draper Nexus Venture Partners)と日本ベンチャーキャピタルは、UPWARD が2016年7月に実施したシリーズ C ラウンド、2018年5月に実施したシリーズ D ラウンドに続く出資参加となる。

今回の調達を含め、UPWARD の外部から累積調達金額は明らかになっている範囲で12.4億円。

<関連記事>

2002年に設立された UPWARD (設立時の社名はオークニー)は、地図情報技術や GPS を生かし、外出先の営業パーソンが顧客情報をスマートデバイスで確認できる CRM サービスを提供。顧客訪問活動から得られた情報を入力、顧客情報と合わせて地図上に自動配置することで、営業パーソンの訪問計画の策定などを AI の活用で支援する。Salesforce CRM や Microsoft Dynamics などとも連携が可能で、現在、大手企業を中心に約300社の企業が利用している。

UPWARD は先頃、営業パーソンの顧客訪問を自動記録するモバイルアプリ「AGENT」の開発を明らかにした。UPWARD との連携により情報入力の一部が自動化され、入力漏れや入力ミスを防止する。AGENT は4月にβローンチ、7月に本サービスローンチを予定している。

同社はまた昨年12月、野村證券や三井物産で財務業務に従事していた荒木克則氏が CFO に就任したことを明らかにしている。

via UPWARD