データドリブンな教育を支援するNOCC、シードで1億円を調達

SHARE:

Screen Shot 2020-04-23 at 11.56.05 AM

データドリブンな教育を支援するウェブサービス「NOCC」を運営するトワールは4月19日、アルコパートナーズ、サムライインキュベート、ハックベンチャーズ、フューチャーベンチャーキャピタル、および個人投資家らを引受先とする第三者割当増資により、合計約1億円の資金調達を行なったと発表した。個人投資家の人数・名前は非公開。

NOCCはこれまで指導者の経験や直感で行われてきた教育を、データを用いることで課題解決するサービスを提供する。具体的には「教育検査」を通じ、学術的に定義されている指標の中から教育に深く関わる項目を測定。今までのテストでは測ることが難しかった様々な能力が見えることで、その人の得意・不得意を的確に把握する。

同検査に基づき、「NOCC BASE for 塾」「NOCC BASE for 大学」「NOCC BASE for 小・中・高」「NOCC MATCH」の4つのサービスを提供する。

via PR TIMES

----------[AD]----------