VRフィットネスが広げる「トレーナー×SaaSゲーム×サブスク」の可能性、Supernaturalのモデルを紐解く

SHARE:
Supernatural-Oculus-Quest
Image Credit : Supernatural

ピックアップ:Supernatural Takes Oculus Quest Fitness A Few Steps Further Than Beat Saber

ニュースサマリ: Oculus Quest用フィットネスVRゲーム「Supernatural」が、WITHINから4月23日にリリースされた。Suprenaturalはフィットネスに特化しており、ゲームを通して適切な運動を行えるようになっている。

ゲーム内容は「Beat Saber」のような人気の楽曲に合わせて標的を処理していくリズムゲームであり、VRならではの爽快感のある絶景の風景に没入してパーソナルトレーナーの指導の元でプレイする。価格は月額19ドルのサブスクリプションでプレイ可能であり、30日間の無料トライアルが含まれる。

話題のポイント:VRゲーム市場は順調に成長しています。VRゲームは2020年1月、プラットフォームの健全性を図る上で重要なマイルストーンである「100本のタイトルが、100万ドルを売り上げる」を達成しました。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)が価格と手軽さで選択肢が豊富になるのに合わせて、2019年からソフトウェアの売上が急増している状況です。

VR-Software-Sales-Trends
Image Credit:Road to VR

これまでたくさんのVRゲームが発表されてきました。その中の多くが運動効果を認められ、フィットネス領域に属すると認識されています。

代表的なものを挙げると、VRゲームで最も売れているリズムゲームの「Beat Saber」、テニスと同等の運動強度があるボクシングゲームの「BoxVR」、シューターゲームの「Pistol Whip」、ダンスゲームの「Audio Trip」などです。

スポーツゲームは直感的で分かりやすいですが、リズムゲームやシューティングゲームをフィットネスとして捉え、多くの収益を生んでいることは意外に感じるかもしれません。ジェスチャーや姿勢を読み取って入力するVRでは、どんなジャンルのゲームでも汗を掻きながら遊んでいるのを想像してもらえると、フィットネスの括りで捉えられることも納得できると思います。

93127702_718058552068760_1059013986005024768_n
Image Credit:Oculas ブログ

しかし、今回取り上げたSupernaturalは後付けでフィットネスと一応呼べるこれまでのゲームとは異なり、本格的なフィットネスVRゲームです。

Supernaturalの特筆べきポイントは「コンシューマ向けで初めてのSaaS型VRゲーム」「オンライフィットネスに特化したVRゲーム」の2点です。これには自宅フィットネスで成功している「Peloton」のモデルが踏襲されています。

一般的なゲームソフトのビジネスモデルは買い切り型(+ダウンロードコンテンツ)です。ゲーム体験にはゴールが設定され、その道筋に対してのみ付加価値があります。最近ではインターネット対戦、追加オプションでもマネタイズできるようになり、ゲーム体験が拡張されましたが大枠は変わっていません。

一方、Supernaturalはコンシューマゲームでは初めてとなるサブスクリプションを採用しています。これは従来のゲームとはゴールの概念が違うことを意味します。

Supernaturalが目指すのはプレイヤー自身の身体の変化と継続です。決してゲーム内のヒーローが世界を救うことでも、達成目標をクリアすることでもありません。プレイヤーそれぞれがリアルの世界で変化を感じられることこそがゴールであり、向かう道筋も一つではありません。

この新しいゲーム体験を実現するためには、プレイヤーがスケジュールを守り、飽きとリアタイアをしないための継続的な支援が必要となります。そこでSupernaturalは収益モデルを変える選択肢を選びました。仮想空間には専属のコーチが付いて指導とモチベーションUPの言葉をかけ、フィットネスの専門家や行動科学者の指導の元で新しい音楽と効果的なトレーニングを作製して、ゲーム環境を随時アップグレードし続けます。

supernatural1
パーソナルトレーナーの指導の様子

もちろん、ゲームとしてトレーニングが目的とならないような面白さが散りばめられています。WITHINの創業者でCEOのChris Milk氏はこの体験をスキーに例えています。

Skiing is incredible exercise, but I never felt like I was doing “an exercise.”(スキーは信じられない運動量ですが、不思議なことにこれをエクササイズと感じたことってないんです)。

ゲームが持つのめり込むような体験の連鎖を全面に出しつつ、システムは自宅フィットネスと同じ仕様を用いて成果にコミットする。これがSupernaturalがゲームの新境地として打ち出そうとしているゴールなのです。

外出の自粛が続くこの時期にリリースとなったのは偶然ではあるものの、フィットネスを目的として取り組めないゲーム好きの人たちに届く後押しになったことは間違いありません。

ポケモンGOが多く人を外に連れ出したように、Supernaturalが運動不足で生活リズムが崩れ行く人たちに自宅でのゲーム体験から最適な運動を副産物として享受する存在となることを楽しみにしています。

----------[AD]----------