家電のQRコードで即チャット開始、リアル店舗CSの「Unscene」がEVなどから資金調達

SHARE:

Unscene1.png

AR技術とAIチャットを用いたコミュニケーションツール「Unscene Support」を開発するUnsceneは4月7日、East Venturesおよび個人投資家を引受先とした資金調達を発表した。個人投資家名は公表されていない。

Unscene Supportは、家電や家具などの有形商品に特化した、顧客の問題解決の「スピード」にこだわったカスタマーサポートプラットフォーム。製品のQRコードをスキャンするだけですぐに問合せがスタートし、AIチャットボット、ARガイド、ライブビデオサポートを用いて顧客からの問い合わせ対応を行う。

Unscene.png

ECサイトでの買い物やオンラインサービスのカスタマーサポートは、UXの観点からユーザーの行動データを活用しながら進化してきた。一方、有形商品や店舗に関連するオフラインのユーザー体験はデジタル化が難しく、改善の余地が大きい領域となる。そこでUnsceneは、スマートグラスなどのハードウェア、AI・ARなどの要素技術が近い将来に進化することを見据え、それらを活用したソリューションの原型づくりを行っていくとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------